裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:63015 
刑事22187民事40828
平成6年法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
22810 件中 9/457 ぺージ
◀前    次▶
5 6 7 8 9 10 11 12 13
却下
進を図るため,議員立法により,支援法(平成6年法律第30号。制定当時の
判示要旨:中国の地域から本邦に引き揚げることなく昭和20年9月2日以前から中国の地域に居住していた日本人男性を父とし、同男性と中華民国の方式により婚姻して旧国籍法の規定により日本国籍を取得した女性を母として同月3日以後中国の地域で出生した者が中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律にいう「中国残留邦人等」に当たらないとされた事例
懲役5年
判示要旨:被告人3名が、共犯者らと共謀して、自動車からナンバープレートを窃取した2件の窃盗と、強盗を実行しようとして民家に侵入し、家人に傷害を負わせた住居侵入、強盗致傷の事件について、運転手役兼見張り役であった被告人甲に懲役5年、指示役であった被告人乙に懲役6年、実行犯への連絡役であった被告人丙に懲役5年をそれぞれ言い渡した事例。
上告を棄却
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(資産家夫婦強盗殺人事件)
上告を棄却
(平成6年法律第2号)が成立し,その後,平成6年法律第10号及び同第104
判示要旨:平成29年10月22日施行の衆議院議員総選挙当時、公職選挙法13条1項、別表第1の定める衆議院小選挙区選出議員の選挙区割りは、憲法の投票価値の平等の要求に反する状態にあったということはできず、上記規定が憲法14条1項等に違反するものということはできない
上告を棄却
(平成6年法律第2号)が成立し,その後,平成6年法律第10号及び同第104
判示要旨:平成29年10月22日施行の衆議院議員総選挙当時、公職選挙法13条1項、別表第1の定める衆議院小選挙区選出議員の選挙区割りは、憲法の投票価値の平等の要求に反する状態にあったということはできず、上記規定が憲法14条1項等に違反するものということはできない
懲役2年6月
判示要旨:詐欺の被害者が送付した荷物を依頼を受けて名宛人になりすまして自宅で受け取るなどした者に詐欺罪の故意及び共謀があるとされた事例
懲役4年6月
判示要旨:指示を受けてマンションの空室に赴き詐欺の被害者が送付した荷物を名宛人になりすまして受け取るなどした者に詐欺罪の故意及び共謀があるとされた事例
棄却
法律(平成6年法律第117号)1条3号に該当する被爆者の地位にあっ...爆したと主張して原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律(平成6年法律
無罪
判示要旨:頭部をハンマーで殴打し、全治約2週間の傷害を負わせた行為について、正当防衛の成立が認められ、無罪となった事案
上告を棄却
判示要旨:不正競争防止法(平成27年法律第54号による改正前のもの)21条1項3号にいう「不正の利益を得る目的」があるとされた事例
懲役11年
判示要旨:被告人が、自動車を酒気帯び運転し、その際、赤色信号を殊更に無視して横断歩道上を歩行中の被害者に自車を衝突させて死亡させた道路交通法違反、危険運転致死の事案について、赤色信号を「殊更に無視」したという点が争われたが、現場の信号が赤色表示になったタイミングや走行状況等を根拠に赤色信号を「殊更に無視」したと認定し、危険運転致死罪の成立を認めて懲役11年を言い渡した事例(裁判員裁判)
懲役6年
判示要旨:被害ビル内の飲食店の従業員である被告人が、同店経営者と共謀の上、同店の火災保険金を取得しようとして、同ビルに侵入し同店舗付近に火を放ったものの消火された建造物侵入、現住建造物等放火未遂被告事件で、弁護人は、被告人は共犯者と共謀しておらず無罪である旨、仮に共謀が認められるとしても放火された建物と人が現在していた建物とは別の建物であるとして非現住建造物等放火未遂が成立するにとどまる旨主張したが、いずれも排斥し、建造物侵入罪及び現住建造物等放火未遂罪の成立を認め、懲役6年を言い渡した事案。
破棄,罰金15万円
判示要旨:1 医師法17条にいう「医業」の内容となる医行為の意義 2 入れ墨(タトゥー)の施術と医師法17条にいう「医業」の内容となる医行為
棄却
判示要旨:勾留の裁判に関する準抗告決定(原裁判取消し、勾留請求却下)に対する検察官からの特別抗告が棄却された事例
上告を棄却
判示要旨:自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律2条5号の危険運転致死傷罪の共同正犯が成立するとされた事例
懲役5年
判示要旨:知人と共謀の上、被害者方に押し掛けて傷害を負わせた住居侵入、傷害、行動をともにしていた女性の死亡に気付き、別の知人と共謀の上、遺体を峠の山中に遺棄した死体遺棄、覚せい剤所持の各犯行に及んだ被告人を懲役5年に処した事案
懲役6年
判示要旨:被告人が、同じ共同住宅の住民への嫌がらせ目的で、自室に火をつけた現住建造物等放火被告事件で、弁護人が心神耗弱を主張したが、その主張を排斥して完全責任能力を認め、被告人に懲役6年を言い渡した事例
22810 件中 9/457 ぺージ
◀前    次▶
5 6 7 8 9 10 11 12 13

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in