裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62884 
刑事22160民事40724
平成6年法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
22781 件中 1/456 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
懲役4年
判示要旨:原審が被告人質問を実施したが、被告人が黙秘し、他に事実の取調べは行われなかったという事案につき、第1審が無罪とした公訴事実を原審が認定して直ちに自ら有罪の判決をしても、刑訴法400条ただし書に違反しないとされた事例
棄却
判示要旨:新証拠による旧証拠の証明力減殺が、他の旧証拠の証明力に関する評価を左右する関係にあるとはいえず、それらの再評価を要することになるものではないとされた事例
懲役5年,罰金200万円
判示要旨:被告人が、共犯者と共謀の上、SNSを通じて、約6か月の間に166回にわたり、約108人に対して大麻等合計約4942グラムを有償で譲渡した等の麻薬特例法違反の事案、大麻等及び麻薬を所持したという大麻取締法違反、麻薬及び向精神薬取締法違反の事案で、被告人に対し懲役5年及び罰金200万円を言い渡した事例。
上告を棄却
判示要旨:不正競争防止法(平成27年法律第54号による改正前のもの)2条1項10号にいう技術的制限手段の効果を妨げることにより影像の視聴を可能とする機能を有するプログラムに当たるとされた事例
懲役7年
判示要旨:被告人が、深夜、酔って帰宅した内縁の夫である被害者に対し、その言動等に立腹して、ガスバーナーの炎を顔に向けて近づけてその髪の毛等に着火させ、よって、被害者の着衣などに燃え広がらせ、全身熱傷等の傷害を負わせて死亡させた、という傷害致死の事案で、被告人に対し懲役7年の刑を言い渡した事例。
懲役24年
判示要旨:自動車を運転する予定の者に対し、ひそかに睡眠導入剤を摂取させ運転を仕向けて交通事故を引き起こさせ、事故の相手方に傷害を負わせたという殺人未遂被告事件について、事故の相手方に対する殺意を認めた第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
控訴を棄却
判示要旨:被告人がXら配下の者を使い、殺人2件(Vc第2の2、Va第2)、生命身体加害略取・逮捕監禁1件(Vc第2の1)、同致死1件(Vd)、同致傷1件(Vc第1)、逮捕監禁2件(Va第1、Ve)、同致傷1件(Vb第2)に及んだとして起訴され、原判決(裁判員裁判)は、殺人1件(Va第2)以外は、被告人が首謀者として犯行を主導したと認定して、被告人を無期懲役に処し、Va第2事件については死亡原因が確定できないために無罪とし、検察官、被告人の双方が控訴した。控訴審判決において、①弁護人の訴訟手続の法令違反の主張及び事実誤認の主張に対し、原審の訴訟手続には違法はなく、原判決による間接事実等からの有罪認定に誤りがないなどと説示して論旨を排斥し、②㋐検察官の事実誤認の主張に対し、Vaが死亡に至った経緯を推測できる手掛かりはなく、Xにより殺害された以外の可能性を排斥することは困難である旨、㋑検察官の量刑不当の主張に対し、有罪となった殺人の事案は、これまでに殺害被害者1名で死刑に処された事案に類する悪質性や厳しく非難すべき事情があるとはいえず、死刑の選択がやむを得ないとはいえない旨などを説示し、原判決の判断を是認して検察官の論旨も排斥し、双方の控訴を棄却した事例
上告を棄却
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(干物店強盗殺人事件)
取り消す
判示要旨:再審請求を棄却した原決定に審理不尽の違法があるとされた事例
上告を棄却
判示要旨:捜査機関への申告内容に虚偽が含まれていた事案につき刑法42条1項の自首が成立しないとされた事例
懲役9年
判示要旨:生存に必要な食事を与えられず、また、被告人の交際男性による暴行を受けて頭部等に傷害を負うなどして、その生存のため医師による医療措置等の保護を必要とする状況(要保護状況)に陥った長女(当時2歳)に対し、その保護を与えるべき責任があったにもかかわらず、前記交際男性と共謀の上、前記保護を与えずに同児を放置して衰弱死させたとして保護責任者遺棄致死罪に問われた被告人が、同児の死因は窒息死であり、同児は要保護状況になかったなどとして同罪の成立を争ったところ、被告人らは生存のため必要な保護を与えることなく同児を衰弱死させたと認定して、同罪の成立を認め、被告人を懲役9年に処した事例。
上告を棄却
(以下,数次の改正の前後を通じ,平成6年法律第2号による改正前の別表第2を...人が付加されたほかは,平成6年法律第47号による公職選挙法の改正(以下「平
判示要旨:令和元年7月21日施行の参議院議員通常選挙当時、平成30年法律第75号による改正後の公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の下での選挙区間における投票価値の不均衡は、違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったものとはいえず、上記規定が憲法14条1項等に違反するに至っていたということはできない。
上告を棄却
の議員定数配分規定(以下,数次の改正の前後を通じ,平成6年法律第2号による...人が付加されたほかは,平成6年法律第47号による公職選挙法の改正(以下「平
判示要旨:令和元年7月21日施行の参議院議員通常選挙当時、平成30年法律第75号による改正後の公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の下での選挙区間における投票価値の不均衡は、違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったものとはいえず、上記規定が憲法に違反するに至っていたということはできない。
22781 件中 1/456 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in