裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62402 
刑事22074民事40328
大正
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
1964 件中 1/40 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
棄却
院大正4年(れ)第898号同年5月14日・刑録21輯631頁)である
却下
物等の設計監理,施工等を目的として,大正13年2月11日に設立され
破棄
日について,大正13年▲▲月▲▲日であると述べた。しかし,BがAの平成27...下「別件印鑑証明書」という。)には,Aの生年月日が「大正15年▲▲月▲▲...明書」という。)には,Aの生年月日が「大正13年▲▲月▲▲日」と記載されて
判示要旨:不動産の所有権移転登記の申請の委任を受けた司法書士に当該申請の委任者以外の者との関係において注意義務違反があるとした原審の判断に違法があるとされた事例
棄却
大正12年の第3回国際らい会議や昭和5年の国際連盟らい委員会に...その後,大正5年法律第21号により「癩予防ニ関スル件」が一部改正さ
控訴を棄却
規定による廃止前の破産法(大正11年法律第71号。以下「旧破産法」とい
取り消す
。その後,大正6年12月,本件対...本件対策地域の北側に化学工場を建設したが,大正6年12月,本件...大日本人造肥料は,大正12年,関東酸曹を吸収合併した(乙1
被告とヘニングセンは,1925年(大正14年)から,共同で照明器...前記1(1)イのとおり,被告とヘニングセンは,1925年(大正14年)
控訴を棄却
被災者A13(大正▲年▲月▲日生まれ)が石綿粉じん曝露作業に従事した
取り消す
イランでは,パフラヴィー王政が始まった 1925年(大正14年)
判示要旨:イラン・イスラム共和国の国籍を有し、イスラム教からキリスト教に改宗した外国人について「難民」に該当するとされた事例
棄却
本件被相続人は,大正7年▲月▲日に出生した者であり,平成24年▲
谷区」」の地図(大正11年12月20日発行)(乙10。以下「乙10
大正15年「民族浄化のために」及び「癩予防撲滅の話」の各論考発表...大正9年根本的癩予防策要項...第3回国際らい会議(大正12年,ストラスブルグ)
却下
認められるものの,それは,大正3年の噴火後の沈降量の100%に相...る。)。そして,丙B75には,姶良カルデラの隆起量は,大正3年の噴火...大正3年の噴火級の大規模噴火の可能性がある旨の記載がある。さらに,甲
取り消す
の父である被災者・E(大正10年1月12日生)の死亡に係る,原告B...の母であるF(大正13年6月22日生)の労災決定(遺族給付等)に関
判示要旨:父が石綿粉じんばく露作業により胸膜中皮腫を発症して死亡した後、その死亡に係る労働者災害補償保険法に基づく遺族補償年金等の支給を受けていた母が死亡した場合において、父の死亡に係る母の遺族給付等に関する調査結果復命書等の情報が、行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律12条1項所定の「自己を本人とする保有個人情報」に当たるとされた事例
棄却
原告(大正4年2月5日生)は,非提供地域内に別紙物件目録記載1ないし...原告の養祖父Cは,不動産業等で財を成した商人であったが,大正12年
棄却
大鑑巨砲時代である明治時代から大正時代にかけて,東京湾のうち神奈川県
却下
原告乙は,広島原爆の被爆者であり,大正▲年▲月▲日生まれ(被爆当...(ア) 原告乙は,大正▲年▲月▲日生まれ(被爆当時18歳)の男性である。
本件特許権の出願日より前である大正11年12月2
却下
また,旧都市計画法(大正8年法律第36号。昭和42年法律第75号
棄却
26年(大正15年)生まれである。a9の家は製紙業を営んでいたとこ...原告A18は,1923年(大正12年)5月18日,河北省新楽県化...原告A5の父a5は,1921年(大正10年)11月生まれで,下記の
却下
Eは,大正2年▲月▲日に出生し,宮崎県に本籍を有した日本人で...Fは,大正6年▲月▲日に出生し,中華民国の国籍を有していたと
判示要旨:中国の地域から本邦に引き揚げることなく昭和20年9月2日以前から中国の地域に居住していた日本人男性を父とし、同男性と中華民国の方式により婚姻して旧国籍法の規定により日本国籍を取得した女性を母として同月3日以後中国の地域で出生した者が中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律にいう「中国残留邦人等」に当たらないとされた事例
却下
原告(大正11(1922)年8月28日生)は,本件申請に先立ち,
却下
いう氏名で,長崎県内で該当する者の生年月日は大正14年11月24...大正14年11月14日と正しく記載され,資格取得を昭和18年10
控訴を棄却
大正3年に制定された売薬法(同年法律第14号)は,8条において,「売...また,当時公刊された逐条解説書(吉川澱東「売薬法規通解」大正3年9月28
しかし,旧商標法(大正10年法律99号)2条2項による権利不要求制度にお...しかし,旧商標法(大正10年法律99号)2条2項による権利不要求制度は,
しかし,旧商標法(大正10年法律99号)2条2項による権利不要求制度にお...しかし,旧商標法(大正10年法律99号)2条2項による権利不要求制度は,
棄却
ト(大正4年2月設立)が合併して設立された。...アスクは,朝日スレート(大正13年3月設立)が,昭和25年12月...セメントと大正12年1月設立の秩父セメントが平成6年に合併)と日本
懲役2年
判大正11年4月27日・刑集1巻4号239頁参照)
原告は,大正2年に設立され,大正7年には東京,北海道,久留米に,...大正8年には大阪,秋田に,大正10年には盛岡に,それぞれ支店や出張所を設置...し,大正8年から本願商標を含む商標を使用してきた(甲7参考資料1)。
控訴を棄却
さらに,療養所長は,大正4年頃以降,入所患者の逃走防止等のため...ったところ,大正5年法律第21号による「癩予防ニ関スル件」の一...所長の懲戒検束権が法文化された。これに伴い,大正5年内務省令第
(ア) しかし,「個性心理学」という言葉は,心理学者の渡辺徹が大正13
控訴を棄却
条1項と同様の規定があった旧会計法(大正10年法律第42号)32条に関
判示要旨:平成18年法律第83号による改正前の老人保健法(同改正後の題名・高齢者の医療の確保に関する法律)に基づいて保険医療機関である医療法人に対して診療報酬の支払をしていた市町村が、当該医療法人に対して有する①過誤請求・不正請求に係る診療報酬の返還請求権、②同法42条3項に定める加算金の請求権は、いずれも私法上の金銭債権であり、その消滅時効期間については、地方自治法236条1項の適用はなく、民法167条1項により10年である。
棄却
として指定されたのは,「福地字大正」「針岡字昭和」「針岡字山下」...は,旧河北町に属する区域のうち,「福地字大正」「針岡字昭和」...域であるが(乙3),「福地字大正」「針岡字昭和」「針岡字山下」
棄却
被告会社は,大正12年1月17日に設立された,消火器具機
取り消す
づく水俣病の認定を受けた亡A(大正14年a月b日生,平成25年c月d...日死亡。以下「A」という。)の相続人である被控訴人B及び亡C(大正4...Aは,大正14年a月b日に熊本県葦北郡E町で生まれた女性であるが,
棄却
A寺の設立時の住職及び代表役員は,P1(大正2年▲月▲日生,昭和
取り消す
さらに,放送法の改正経緯に鑑みても,そもそも,無線電信法(大正...さらに,後掲証拠によれば,そもそも,無線電信法(大正4年法律第...26号)の委任を受けた放送用私設無線電話規則(大正14年逓信省令
棄却
このことは,大審院大正3年3月26日判決・刑録20輯41...のが相当である(大正3年大審判参照)。ただし,医師の診察...この点につき,被告は,大正3年大審判は「薬剤の投与」に
被告の前身は英国ダンロップ社の子会社で,大正6年3月6日に成立した。...X1及びX2は,亡A(大正13年1月2日生まれの男性)の子である。...X6は,亡C(大正13年10月10日生まれの男性)の子である。
棄却
ていた。大正12年以後は,判事及び検事と弁護士との間の試験上の区別はなくな
棄却
の大正15年に建設された建築物であり,その位置は,地方自治法施行規程
判示要旨:大阪府の住民である原告らが、大阪府による超高層ビルの購入及び同ビルへの部局移転につき、当時の知事が、同ビルの耐震性等について十分な調査をすることなく、防災拠点となるべき大阪府庁舎として使用する目的で同ビルを購入する旨の契約を締結し、同ビル及びその敷地の購入費用並びに上記部局移転に要した費用を支出したことは違法であるなどと主張して、当時の知事に対する損害賠償請求をすることを求めた住民訴訟で、上記契約締結及び同契約に基づく各費用の支出が違法とはいえないなどとして、いずれも棄却された事例。
上告を棄却
放送法施行前(以下「旧法下」という。)においては,我が国では,大正1
判示要旨:1 放送法64条1項は、受信設備設置者に対し受信契約の締結を強制する旨を定めた規定であり、日本放送協会からの受信契約の申込みに対して受信設備設置者が承諾をしない場合には、その者に対して承諾の意思表示を命ずる判決の確定によって受信契約が成立する 2 放送法64条1項は、同法に定められた日本放送協会の目的にかなう適正・公平な受信料徴収のために必要な内容の受信契約の締結を強制する旨を定めたものとして、憲法13条、21条、29条に違反しない 3 受信契約の申込みに対する承諾の意思表示を命ずる判決の確定により受信契約が成立した場合、同契約に基づき、受信設備の設置の月以降の分の受信料債権が発生する 4 受信契約に基づき発生する受信設備の設置の月以降の分の受信料債権の消滅時効は、受信契約成立時から進行する
棄却
条の3第1号の要件に該当するとみなされる。例えば,大正...12年4月2日から大正13年4月1日までに生まれた者は...第2条),大正15年4月1日以前に生まれた者又は昭和6
却下
大正13年○月○日...大正15年○月○日
判示要旨:被爆者援護法11条1項の規定による認定申請に対する厚生労働大臣による却下処分は違法であるとして、原告らが処分の取消しを求めるとともに国家賠償法1条1項に基づく慰謝料を請求した事案について、一部の原告らに対し、原処分が撤回され新たに認定処分がされたことにより法律上の利益がないものとして取消しを求めた部分を却下し、その余の原告らにつき申請疾病に放射線起因性はいずれも認められず、被告の国家賠償法上の違法性も認められないとして、原告らのその余の請求を棄却した事例
会社アスクと浅野スレート株式会社(大正4年2月設立)が合併したもので...ある。株式会社アスクは,朝日スレート株式会社(大正13年3月設立)が,...5条は,警察取締目的で大正10年に制定された黄燐燐寸製造禁止法及び
棄却
石綿含有スレート波板・大波は昭和6年から平成16年まで,同・小波は大正7
は,昭和34年法の下においても無効審判の請求人適格は旧法(大正10
棄却
本件は,原告が,その父である亡Z1(大正8年▲月▲日生。)が,軍務に...亡Z1(大正8年▲月▲日生)は,平成23年▲月▲日,Z3病院にお
判示要旨:(1) 恩給法75条1項2号にいう「公務ニ因ル傷痍疾病ノ為死亡シタルトキ」の意義 (2) 公務に起因する傷病と死亡との間の相当因果関係が認められず、恩給法75条1項2号にいう「公務ニ因ル傷痍疾病ノ為死亡シタルトキ」に該当しないとされた事例
1964 件中 1/40 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in