裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62657 
刑事22127民事40530
名誉毀損
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
名誉毀損の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
名誉毀損を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
0
1
0
549 件中 10/11 ぺージ
◀前    次▶
3 4 5 6 7 8 9 10 11
棄却
ち、名誉毀損の主張について...名誉毀損とは、人の人格的属性の評価に対する攻撃をいうから、右事実をもつて...は、原告らに対する名誉毀損行為があつたとはいえない。
上告を棄却
 法廷意見は、刑法二三一条の侮辱罪の保護法益を同法二三〇条の名誉毀損罪のそ...二三〇条の規定する名誉毀損罪の場合と異なり、専ら又は主として社会的名誉と区...点とするにとどまつているところがらみれば、むしろ侮辱罪も名誉毀損の場合と同
判示要旨:法人を被害者とする侮辱罪の成否
棄却
 名誉毀損以外に法人に金銭で評価しうる非財産的損害が発生すると解する余地は
破棄
ら、右投書による名誉毀損は「公然性」を有する旨を認定判示したことに対し、右... 1 およそ名誉毀損罪における公然とは、不特定又は多数の人が認識することが
判示要旨:名誉毀損文書を郵送したことが「公然事実ヲ摘示」したものとはいえないとされた事例
却下
人格権は、名誉毀損の場合に私権性を肯認することができる場合があるにせよ、実
判示要旨:市長が都市計画法29条に基づいてした開発行為の許可処分につき、開発区域の周辺地域に居住する住民は、右処分の取消しを求める訴えの原告適格を有しないとした事例
控訴を棄却
犯罪行為の扇動、脅迫、猥褻、名誉毀損等非社会道義的なものないし表現の自由の...もの、名誉毀損にわたるものなどについて、制約を免れないことは、前述したとお
判示要旨:1 関税定率法(昭和55年法律第7号による改正前)21条3項の通知及び同条5項の異議申出棄却決定が、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるとされた事例 2 関税定率法(昭和55年法律第7号による改正前)21条3項の通知及び同条5項の異議申出棄却決定が、いずれも憲法21条2項前段にいう「検閲」に当たらないとされた事例 3 女性のヌード写真集が、輸入禁制品である関税定率法(昭和55年法律第7号による改正前)21条1項3号にいう「風俗を害すべき書籍」に当たるとされた事例
却下
察庁検察官に告訴せられるや、逆にCを、恐喝未遂、名誉毀損、証告の罪により、
判示要旨:1年間の業務停止処分を受けた弁護士がした右処分についての審査請求を棄却する裁決の取消しの訴えが、右業務停止期間の経過により回復すべき法律上の利益がなくなったとして、不適法とされた事例
棄却
 名誉毀損の問題は、それが組合組織の弱体化を企図した手段として行われたもの
破棄
まま名誉毀損罪の成立を認めた第一審判決は審理不尽である。」旨主張したのに対...的の有無及び事実の真否等を問うまでもなく、被告人につき名誉毀損罪の成立を肯定することができるものとした原判決及びその是認する第一審判決には、法令の解
判示要旨:一 私人の私生活上の行状と刑法二三〇条の二項一項にいう「公共ノ利害ニ関スル事実」 二 刑法二三〇条の二第一項にいう「公共ノ利害ニ関スル事実」にあたるとされた事例 三 刑法二三〇条の二第一項にいう「公共ノ利害ニ関スル事実」にあたるか否かの判断方法
棄却
動によつて、被控訴人らは控訴会社に対し何ら名誉毀損等の重大な損害を与えてお
棄却
 (五) 名誉毀損における真実性の錯誤...実と信ずるについて相当の理由」があるし、又「正当行為」として名誉毀損の違法...(一九)の告発等が証告、名誉毀損、信用毀損罪に当たるとして第一審被告らを京
判示要旨:一 告発が真実と一部相違しても不法行為が成立しない場合 二 精神衛生法三八条にいう行動制限の趣旨
取り消す
行為を行つた場合も含めて適用される。また、会社の信用毀損、名誉毀損を直接の
控訴を棄却
ある。死者の名誉毀損であるからといつて、虚偽虚妄をもつて名誉が毀損された場... ただ本訴は、死者に対する名誉毀損行為により控訴人自らが著しい精神的苦痛を
判示要旨:一 死者に対する遺族の敬愛追慕の情を侵害する行為と不法行為の成否 二 死者に対する遺族の敬愛追慕の情の侵害を理由とする慰籍料の請求が認められなかつた事例
取り消す
が生じ、不法行為等に関する民事法規、名誉毀損等の刑事法規にふれるところがあ
破棄
求のうち、Dの名誉毀損、暴行を理由とする損害賠償請求について、原判決は、こ
判示要旨:一 弁護人から被疑者との接見の申出があつた場合に捜査機関のとるべき措置 二 弁護人の被疑者に対する接見の申出を拒んだ警察官の行為が国家賠償法一条一項にいう違法な行為にあたらないとされた事例
控訴を棄却
 <要旨第一>〔A〕 新聞又は雑誌の頒布という態様による名誉毀損及ひ公選法二...ては、名誉毀損の罪及び公選法二三五条二項の罪の実行の着手があるのであり、そ...取材者において着手した名誉毀損の罪及び公選法二三五条二項の罪が未遂に終るに
判示要旨:一 新聞又は雑誌を頒布する態様による名誉毀損及び公職選挙法二三五条二項の各罪の着手の時期 二 公職選挙法二三五条二項の共同正犯が成立するとされた事例
棄却
2 名誉毀損による慰藉料 三〇〇万円
破棄
また刑法二三〇条の名誉毀損罪は「公然事実ヲ摘示シ人ノ名誉ヲ毀損シタル者ハ」
判示要旨:昭和二五年東京都条例第四四号集会、集団行進及び集団示威運動に関する条例違反の罪を具体的危険犯と解し無許可又は条件違反の集団行動につき公共の安寧に対する具体的危険の発生を認めた事例
棄却
 右の者に対する名誉毀損被告事件について、昭和四六年二月二〇日東京高等裁判
判示要旨:一、名誉毀損の摘示事実につき事実と誤信する相当の根拠がないとされた事例 二、弁護人が被告人の利益擁護のためにした行為と刑法上の違法性の阻却 三、弁護人が被告人の利益擁護のためにした名誉毀損行為につき正当な弁護活動として刑法上の違法性が阻却されないとされた事例
上告を棄却
あるから、名誉毀損罪は成立しない、(ロ)本件行為は、被告人が、A及びB(以...を絞殺したうえ犯行現場を偽装するため死体をI運送店洋服部の店先に運んだものである旨発表した。そのため、被告人らは、同年五月二日Fから名誉毀損罪で告訴... (一) 名誉毀損罪などの構成要件にあたる行為をした場合であつても、それが
判示要旨:一 名誉毀損の摘示事実につき真実と誤信する相当の根拠がないとされた事例 二 弁護人が被告人の利益擁護のためにした行為と刑法上の違法性の阻却 三 弁護人が被告人の利益擁護のためにした名誉毀損行為につき正当な弁護活動として刑法上の違法性が阻却されないとされた事例
控訴を棄却
云々の不穏当な発言があつたからといつて(この発言が控訴人に対する名誉毀損の
判示要旨:1 司法書士法4条4項にいう「認可を与えない理由」の記載を欠く聴問通知書により通知をしていた聴問手続は、その後聴問前に書面により右理由の通知を受けている等の事情があるときは、違法ではないとした事例 2 司法書士の選考試験において合格基準に達していないと判定された者も、聴問手続の違法を理由として司法書士不認可決定の取消しを求める法律上の利益を有するとした事例
棄却
当であつて、名誉毀損行為の反社会性の程度が極めて軽微な場合や、名誉毀損行為
棄却
(一) 刑法における名誉毀損罪の規定(第二三〇条の二)では、被告人の行為が...が真実であると誤信したのであれば、犯罪の故意がなく名誉毀損罪が成立しないと...理は、名誉毀損の外形的行為が違法行為であるとの推定を前提したものであること
上告を棄却
 記事の掲載につき、取材記者及び編集者において名誉毀損の積極的意図若しくは...しての名誉毀損が成立すると目される場合には、その記事の掲載が報道機関の正当
判示要旨:捜査当局の発表した事実に基づいて報道した取材記者及び編集者に過失の責任があるとされた事例
に対する名誉毀損、業務妨害等の事実が関西を中心に生じていることを強調し、こ
判示要旨:関連請求の管轄裁判所に、当該裁判所が管轄権を有しない取消訴訟が併合提起された場合、民事訴訟法21条を準用することが許されるか
棄却
は、虚偽中傷、名誉毀損にあたるものである。...と述べているが、これは虚偽中傷、名誉毀損にわたるものである。...の私腹を肥している」等と述べているが、これは虚偽中傷、名誉毀損にわたるもの
判示要旨:私立大学が、建学の精神を否定し、政治的あるいは虚偽中傷の事実を記載した文書等を学内で無許可で反復配布した学生に対して行った退学処分及び無期停学処分が、いずれも相当とされた事例
棄却
(2) 名誉毀損関係について...の個人名を明らかに摘示し長期間に亘り名誉毀損を為したもので、その情状は健全...名誉毀損に当るかが問題である。
控訴を棄却
 (1) 本件につき名誉毀損の成立しない理由は次のとおりである。... (三) 名誉毀損となる為には、被害者が特定されていなければならないが、本...じく(二)の主張、名誉毀損となるための被害者の特定がないとの(三)の主張、
判示要旨:小布片の試験鑑定に誤りがあつてもそのメーカーに対する名誉毀損が成立しないとされた事例
棄却
四 被告らの名誉毀損... 被告らによる前記の各名誉毀損によつて、原告の民青同盟は少なくとも金一〇〇...五 そこで、次に、原告らに対する名誉毀損の成否について審究する。
控訴を棄却
ら、名誉毀損罪は成立しないと主張し、原判決が、同判示の事実を認定して、これ...の報道に止まる場合もあるであろう。(しかし、このような報道が直ちに名誉毀損...お、名誉毀損罪が成立するためには、他人の社会的評価を低下させる意図、目的を
判示要旨:名誉毀損罪に必要な故意の範囲
却下
行為を行つた場合も含めて適用される。また、会社の信用毀損、名誉毀損を直接の
上告を棄却
立を放棄し、故意に死刑を含む有罪判決をした旨の名誉毀損の摘示事実に関し、被
判示要旨:名誉毀損の摘示事実を真実と誤信したことにつき相当の理由がないとされた事例
上告を棄却
第一号証の書面を発送したなどの行為が直ちに右訴外人に対する名誉毀損等の不法
判示要旨:民法四二六条にいう「債権者カ取消ノ原因ヲ覚知シタル時」の意義
棄却
たもので、正当な宣伝活動(組合活動)であつて、名誉毀損とみるべき余地はな
控訴を棄却
 所論は、要するに、原判決は、原判示各名誉毀損の事実を認定したうえ、刑法第...認めるだけの証拠のない被摘示者をも、摘示者に対する名誉毀損被告事件の被害者...事由があつたと認められるときは、行為者に故意がないこととなり、名誉毀損罪は
判示要旨:一、 犯罪にあたる事実を摘示して人の名誉を毀損した場合における真実の証明の程度 二、 弁護人が訴訟手続の場以外の場において被告人の利益擁護のため他人の名誉を毀損する行為と違法性の阻却
上告を棄却
意がなく、名誉毀損の罪は成立しないものと解すべきである(昭和四一年(あ)第
控訴を棄却
 (1) 会社に対して名誉毀損を構成するとき... (5) 次に「体面汚損」と「名誉毀損」との差異について、簡単に触れておき...「名誉毀損」の場合には、原則として名誉侵害者の行為が被害者に向けられている
判示要旨:一、 懲戒権の根拠 二、 従業員が刑事上の処罰を受けたことが就業規則および労働協約の懲戒規定たる「不名誉な行為をして会社の体面を著しく汚したとき」しにあたらないとされた事例
棄却
ものであつて、継続的に購読される性質のものではないから、本件名誉毀損記事の... 一、 本件記事による名誉毀損...根の婚前同棲という名誉毀損の記事が問題とされているのであるから、控訴人らの
判示要旨:加害者の自発的な取消謝罪記事掲載後に謝罪広告を命じた事例
棄却
力の行使、暴行脅迫に至らない程度の威力、名誉毀損、侮辱にわたる言動等に至つ
上告を棄却
のある文書は猥褻の文書として処罰の対象とすることができないとか、名誉毀損罪...ことが証明されたときは、名誉毀損罪として、これを処罰しない、と規定している。
判示要旨:一 芸術的思想的価値のある文書と猥褻性 二 文書の部分についての猥褻性と文書全体との関係 三 憲法二一条二三条と公共の福祉 四 法律判断で無罪を言い渡した第一審判決を事実の取調をすることなく破棄し控訴裁判所がみずから有罪の判決をすることと刑訴法四〇〇条但書
上告を棄却
判示要旨:名誉毀損文書の原文の一部を起訴状に引用することが訴因を明示するための方法として違法でないとされた事例
 それはまた、議会手続に籍口して強行された申立人に対する名誉毀損であり、犯
判示要旨:1 地方公共団体の議会の議員に対する除名処分は、その要件事実が地方自治法第134条に明定され、一般的に承認された解釈法規、価値基準によって一義的に判断されうるものであるとして、行政事件訴訟法第30条にいう裁量処分に当たらないとした事例 2 地方公共団体の議会の議員に対する除名処分の取消しを求める訴えの提起につき、行政事件訴訟法第8条第2項第2号にいう「処分・・・・・・により生ずる著しい損害を避けるため緊急の必要があるとき」に当たるとした事例 3 地方公共団体の議会の議員に対する除名処分の執行停止申立てにつき、議員としての権利を行使できないことは申立人個人の権利、利益を侵害するものであるとして、回復の困難な損害を避けるため緊急の必要があるとした事例
棄却
の各号に限るものとし、会社の信用失墜・個人の名誉毀損・職場の秩序紊乱を招く
破棄
実と確信したから、被告人には名誉毀損の故意が阻却され、犯罪は成立しない。」...却せず、名誉毀損罪の刑責を免れることができないことは、すでに最高裁判所の判...犯罪の故意がなく、名誉毀損の罪は成立しないものと解するのが相当である。これ
判示要旨:事実を真実と誤信したことにつき相当の理由がある場合と名誉毀損罪の成否
却下
(名誉毀損文書、団扇、多数のビラ等の件)……債権者g、h関係
取り消す
(1) 会社に対して名誉毀損を構成するとき...5 次に「体面汚損」と「名誉毀損」との差異について、簡単に触れておきたい。...対して、「(1)名誉毀損を構成したとき、(2)民事上の損害を加えたとき、
棄却
 (二) 親子間の名誉毀損による謝罪広告を請求した事件及び不法占有による損
判示要旨:一、 夫の運転上の過失により負傷した妻は自動車損害賠償保障法第三条の「他人」に当るか 二、 夫の運転上の過失により負傷した妻が自動車損害賠償保障法第一六条第一項による被害者請求をなし得る範囲
棄却
八、よつて、原告らは被告に対し、右の名誉毀損により原告らが受けた精神的苦痛... 右の精神的苦痛および名誉毀損に対する慰藉料額は、諸般の情状を考慮して(本... 次に、被告による原告らの名誉毀損の前記態様に鑑み、原告らの名誉の回復措置
破棄
 しかし職権により調査すると、原判決は、被告人に対し名誉毀損の罪責のみを認...原判決判示事実を認定し、被告人の所為は、名誉毀損の罪を構成するとともに、選... しかるに、原審は、前記のように、本件冊子の頒布行為が名誉毀損罪のほか公職
判示要旨:公職選挙法(昭和三七年法律第一一二号による改正前のもの)二二五条二号にいう「偽計詐術等不正の方法をもつて選挙の自由を妨害する」行為の意義
控訴を棄却
前述の上司に対する名誉毀損という犯罪行為によつて職場秩序を破壊した点も考え
549 件中 10/11 ぺージ
◀前    次▶
3 4 5 6 7 8 9 10 11

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in