裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62596 
刑事22114民事40482
名誉毀損
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
名誉毀損の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
名誉毀損を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
0
1
0
545 件中 9/11 ぺージ
◀前    次▶
3 4 5 6 7 8 9 10 11
棄却
 名誉毀損については、当該行為が公共の利害に関する事実にかかり、それ...たがって、本件ビラの配布は、違法性を欠き、名誉毀損にならない。
棄却
 本件記事の掲載・配付については,以下の理由により名誉毀損及び侮辱は成立しない。... 原告は,本件名誉毀損及び侮辱行為により精神的苦痛を被り,その損害額は金500万円が相当で...(1) 一定の購読者層を対象とする雑誌等に掲載された記事の内容が,名誉毀損ないし侮辱すべき意
棄却
(一) 社会的信用・名誉毀損による損害       二〇○○万円...(一) 社会的信用・名誉毀損による損害について
却下
妨害行為及び名誉毀損行為を行ったとして、損害賠償及び謝罪広告を求める事案で...うおそれが生じた。このような甲事件被告らの行為は、営業妨害又は名誉毀損の不
棄却
を呼び出し、怪文書を書いたのは原告だろうと問い詰め、「名誉毀損で訴えてや...名誉毀損で訴えるならば訴えたらよいと述べた。また、原告は、原告が中心になっ
棄却
合意書を起案した。小川弁護士は、原告【A】が名誉毀損、信用毀損にも言及して
取り消す
示するに足るだけの名誉毀損の可能性の存在があり、これを予防すべき途がないと
判示要旨:1 県情報公開条例に非開示事由として規定されている個人情報又は法人等情報に該当することを理由としてされた公文書の非公開決定処分の取消訴訟において、実施機関が、前記以外の処分理由を主張することは許されるとした事例 2 県の各部局が作成した公費支出調査資料に記録された各所属毎の食糧費等の公費の不正執行の内容、件数、金額等が、県情報公開条例6条2号に規定する個人情報に当たらないとされた事例 3 県の各部局が作成した公費支出調査資料に記録された懇談等の出席者名に関する情報が、県情報公開条例6条2号に規定する個人情報に当たらないとされた事例 4 県の各部局が作成した公費支出調査資料に記録された支払相手先名に関する情報が、県情報公開条例6条2号に規定する個人情報に当たらないとされた事例 5 県の各部局が作成した公費支出調査資料に記録された支払相手先名及び企業誘致に伴う折衝相手方である法人名等に関する情報が、県情報公開条例6条3号に規定する法人等情報に当たらないとされた事例 6 県の各部局が非公開を前提として作成した公費支出調査資料に関する情報が、県情報公開条例6条7号に規定する事務事業情報に当たらないとされた事例
控訴を棄却
いから、名誉毀損表現における真実性の証明は問題とならず、控訴人において虚偽
2 名誉毀損について...2 名誉毀損について...二 名誉毀損について
控訴を棄却
も損なう回復不能の信用毀損・名誉毀損の損害を被った。また、ジョア社を通じて...も損なう回復不能の信用毀損・名誉毀損が生じ、ジョア社を通じてのアメリカ合衆
棄却
より他人の名誉を毀損すれば、名誉毀損罪として刑事処罰の対象となるし、不法行...法・刑法などにおける名誉毀損や信用毀損の要件より対象行為の範囲を厳しく限定...においては、規定の構造上、そもそも、民法・刑法などにおける名誉毀損の免責要
破棄
B1に対する名誉毀損による不法行為責任を認め、同じく不法行為責任を認めた同... 1 民事上の不法行為たる名誉毀損については、その行為が公共の利害に関する...ないから、名誉毀損による不法行為は成立しないというべきである。右文章につき
判示要旨:名誉毀損の行為者が刑事第一審の判決を資料として事実を適示した場合と右事実を真実と信ずるについての相当の理由
棄却
(当時)を、「名誉毀損覚悟で・・・薬害魔王」(『新ゴーマニズム宣言スペシャ
棄却
である」と主張して、名誉毀損による損害賠償及び謝罪広告の掲載を求める事案で...2 本件CDの製作、販売が名誉毀損に当たるか否か... 被告には原告の著作隣接権侵害及び名誉毀損につき故意又は過失がある。
却下
り、それ以前の段階で、相当な証拠もないまま監査請求を行うことは名誉毀損のそ...ていることについて監査請求をなしたからといって名誉毀損が成立するとは思われ
棄却
3 いわゆる間接的名誉毀損行為と表現の自由について...現者の名誉毀損行為について故意ないし過失責任を認めることができるという趣旨... しかしながら、結果の予見可能性があったにすぎない場合にまで名誉毀損の成立
取り消す
ことはないかと、幾らもあると思います。」や「名誉毀損したことも山ほどあるで
上告を棄却
など意見ないし論評としての域を逸脱するものでない限り、名誉毀損としての違法...に名誉毀損としての違法性があるということはできない。そして、被上告人B1の
判示要旨:論評中の他人の著作物の引用紹介に適切を欠く部分があっても全体として正確性を欠くとまではいえないとして右論評に名誉毀損としての違法性があるということはできないとされた事例
却下
いる事項について監査請求をしたからといって名誉毀損が問われるものではない。...に、相当な証拠もないままに監査請求をすれば、名誉毀損との非難を受ける危険も...否か決断がつかないとか、名誉毀損の非難をおそれたとかという趣旨の主張をする
破棄
 新聞記事中の名誉毀損の成否が問題となっている部分において表現に推論の形式
判示要旨:被告人の読書歴等に基づき犯行の動機を推論する内容の新聞記事が事実を摘示するものであるとされた事例
破棄
は、これらに関し、名誉毀損による不法行為責任は成立しない。... 1 新聞記事による名誉毀損の不法行為は、問題とされる表現が、人の品性、徳...名誉毀損にあっては、その行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的
判示要旨:一 特定の事実を基礎とする意見ないし論評の表明による名誉毀損において行為者が右事実を真実と信ずるにつき相当の理由がある場合の不法行為の成否 二 名誉毀損の成否が問題となっている新聞記事における事実の摘示と意見ないし論評の表明との区別 三 特定の者について新聞報道等により犯罪の嫌疑の存在が広く知れ渡っていたこととその者が当該犯罪を行ったと公表した者において右のように信ずるについての相当の理由
棄却
いたことはないから、原告の主張は事実無根であり、被告に対する名誉毀損になる... 被告は、原告の本訴請求にかかる訴え等の提起・維持及び名誉毀損の不法行為に...2 前記六【被告の主張】2の原告の名誉毀損による分 五〇〇万円
棄却
2 旧組合の名誉毀損行為...二 請求原因2(旧組合の名誉毀損行為)について... 原告らが旧組合による名誉毀損行為によって被った損害の額について検討する
破棄
四〇巻四号八七二頁参照)、名誉毀損とは、この客観的な社会的評価を低下させる...行為のことにほかならない。新聞記事による名誉毀損にあっては、これを掲載した...の掲載を知ったかどうかにかかわらず、名誉毀損による損害はその時点で発生していることになる。被害者が損害を知ったことは、不法行為による損害賠償請求権の
判示要旨:一 新聞記事による名誉殿損によって損害の発生する時期 二 名誉殿損による損害が生じた後に被害者が有罪判決を受けたことと名誉殿損による損害賠償請求権の消長 三 名誉殿損による損害について慰謝料の額を算定するに当たり損害が生じた後に被害者が有罪判決を受けたことをしんしゃくすることの可否
破棄
  新聞記事による名誉毀損にあっては、他人の社会的評価を低下させる内容の記...名誉毀損の成立を否定した原審の前記判断には、法令の解釈適用を誤った違法があ
判示要旨:特定の新聞の性質についての社会の一般的な評価等と当該新聞の記事による名誉殿損の成否
棄却
 前記認定の事実に照らせば、原告の名誉毀損については前項で認容した慰謝料の
棄却
載、並びに、右1(二)の名誉毀損行為により、民法七二三条に基づく別紙目録二...5 名誉毀損行為について被告らの責任はあるか、あるいは、違法性阻却事由は存...よそ名誉毀損は成り立たないのであり、名誉毀損の成立には名誉が現実に害された
取り消す
た。これに対し、被控訴人は、本件放送には控訴人に対する名誉毀損を構成するよ
判示要旨:一 放送法(平成七年法律第九二号による改正前のもの)五条にいう「訂正若しくは取消しの放送の関係者」の範囲 二 放送法(平成七年法律第九二号による改正前のもの)四条一項の規定による訂正又は取消しの放送の関係者の放送事業者に対する放送内容確認(閲覧)請求権の有無
控訴を棄却
由を有しているから、被控訴人は、名誉毀損に基づく不法行為責任を負うものでは...について、被控訴人に名誉毀損の不法行為責任が成立するか否かについて検討す...名誉を毀損したと主張されている言明(以下「名誉毀損言明」という。)において
判示要旨:特定の者の作として美術品を販売のために陳列している百貨店が右美術品につき贋作の疑いがあるとの週刊誌の記事により名誉又は信用が毀損されたとしてその公刊者に対してする損害賠償又は民法七二三条所定の処分の請求と右美術品の真贋に関する立証責任
取り消す
 二 そこで、請求原因3(一)(名誉毀損)の請求について検討を加えることと...した旨主張するので、以下、名誉毀損の成否について検討する。... 当裁判所も、同事件に関する本件記事の掲載頒布について名誉毀損は成立しない
判示要旨:新聞記事中意見の言明が名誉毀損としての不法行為を構成しない場合
棄却
(三) 名誉毀損...二 原告らの名誉毀損については、前項で認容した慰謝料の支払いをもっててん補
棄却
可制を除く代わりに「会社の信用失墜、個人の名誉毀損、職場の秩序紊乱を招く事項又は
棄却
1 本件除名処分に規約四〇条所定の統制違反、組合への名誉毀損の除名事由があ...1 被告組合に対する名誉毀損...(一) 本件支部は、原告の前記1(一)ないし(三)の名誉毀損行為を被告組合
棄却
あるから、刑法上の名誉毀損罪の公然性の要件も満たしており、その開催自体が被
棄却
裁判所が民法七二三条所定の処分として名誉毀損を行った者に対して謝罪広告を命
棄却
判所が民法七二三条所定の処分として名誉毀損を行った者に対して謝罪広告を命じ
取り消す
二七日ころ教育長及びEを名誉毀損罪で検察庁に告訴した。...名を、脅迫、名誉毀損、誣告、侮辱、公務員職権濫用、強要の各罪に該当するとし
判示要旨:町教育委員会の町立中学校教頭に対する長期間にわたる学校以外の教育関係施設での研修命令が違法でないとされた事例
棄却
あり、右部分の公表は、名誉毀損罪や侮辱罪に該当しないとしても、その内容は侮辱的か
判示要旨:1 受刑者による著作物の外部投稿の自由を制限することは、憲法21条に違反するか 2 受刑者からの著作物の外部投稿の出願を不許可とした刑務所長の処分が、監獄法は、受刑者がする著作物の外部投稿の自由の制限に関し、明文の規定を置いていないが、その性質の許す限り、信書の発信に関する同法46条の規定に準じて取り扱うベきものと解するののが相当であるところ、同所長は、右出願が同条2項ただし書所定の信書発信許可事由である「特ニ必要アリト認ムル場合」に当たらないとして右出願を不許可としたものであり、右の認定判断に誤りはないから、裁量権を逸脱・濫用した違法はないとされた事例 3 刑務所長が、受刑者に対して、信書発信の不許可処分をする際に、処分の理由を告知しなくても違法でないとした事例 4 監獄における信書の検閲、発受に関する処分が、出願のあった日から40日を経過してされた場合でも、このように期間を要したことについて相当の理由がある場合には、右処分は、監獄法施行規則(明治41年司法省令第18号)136条に違反しないとした事例
却下
たる名誉毀損(就業規則六三条九号所定)にはあたらないと解するのが相当である
棄却
猿の仲で、新聞に掲載されてもこちらが訴えれば名誉毀損が成立するので心配は要
上告を棄却
よつて名誉毀損の不法行為が成立するかどうかとは無関係に、自己が記事に取り上...ことはできない。名誉毀損の成立を否定した原審の判断は、その結論において正当
判示要旨:一 人格権又は条理を根拠とするいわゆる反論文掲載請求権の成否 二 新聞紙上における政党間の批判・論評の意見広告につき名誉毀損の不法行為の成立が否定された事例
上告を棄却
み、刑事上及び民事上の名誉毀損に当たる行為についても、当該行為が公共の利害... 3 更に、所論は、原審が、本件記事の内容が名誉毀損に当たるか否かにつき事...通信の秘密の不可侵を定めた憲法二一条二項後段に違反するともいうが、記録によれば、原審が事実審理のうえ本件記事の内容が名誉毀損に当たることが明らかであ
判示要旨:一 出版物の印刷、製本、販売、頒布等の仮処分による事前差止めと憲法二一条二項前段にいう検閲 二 名誉侵害と侵害行為の差止請求権 三 公務員又は公職選挙の候補者に対する評価、批判等に関する出版物の印刷、製本、販売、頒布等の事前差止めの許否 四 公共の利害に関する事項についての表現行為の事前差止めを仮処分によつて命ずる場合と口頭弁論又は債務者審尋
棄却
4 (名誉毀損)...四 請求の原因4(名誉毀損の成否)について判断する。...値について社会から受ける客観的評価をいい、名誉毀損とは右の如き社会的評価を
棄却
ことが必要である。よつて、原告は被告らに対し、名誉毀損の不法行為の損害賠償...求した事実は全く認められないから、後に理事会の席上で訂正されても名誉毀損の...ふれたものに過ぎないことや、原告の名誉毀損の程度等をも合わせ考慮すると、本
控訴を棄却
被害者に認められた正当な権利であり、本件記事の執筆、公表が法律上名誉毀損罪...かどうか及び事実の真否等の要件の判断に立ち入るまでもなく、名誉毀損罪の成立...なつていたものであるから、これをいまさら被告人が社会に公表しても名誉毀損罪
判示要旨:一 名誉毀損罪における摘示事実の真実性を証明する方法及び程度 二 名誉毀損罪における摘示事実を真実と誤信したことの相当性を証明する方法及び程度
棄却
ち、名誉毀損の主張について...名誉毀損とは、人の人格的属性の評価に対する攻撃をいうから、右事実をもつて...は、原告らに対する名誉毀損行為があつたとはいえない。
上告を棄却
 法廷意見は、刑法二三一条の侮辱罪の保護法益を同法二三〇条の名誉毀損罪のそ...二三〇条の規定する名誉毀損罪の場合と異なり、専ら又は主として社会的名誉と区...点とするにとどまつているところがらみれば、むしろ侮辱罪も名誉毀損の場合と同
判示要旨:法人を被害者とする侮辱罪の成否
棄却
 名誉毀損以外に法人に金銭で評価しうる非財産的損害が発生すると解する余地は
破棄
ら、右投書による名誉毀損は「公然性」を有する旨を認定判示したことに対し、右... 1 およそ名誉毀損罪における公然とは、不特定又は多数の人が認識することが
判示要旨:名誉毀損文書を郵送したことが「公然事実ヲ摘示」したものとはいえないとされた事例
545 件中 9/11 ぺージ
◀前    次▶
3 4 5 6 7 8 9 10 11

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in