裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62660 
刑事22127民事40533
名誉毀損
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
名誉毀損の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
名誉毀損を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
0
1
0
549 件中 11/11 ぺージ
◀前    次▶
3 4 5 6 7 8 9 10 11
上告を棄却
いは名誉毀損等による人格権侵害の被害法益とを同様に考えてよいか疑問があるけ
判示要旨:不法行為による慰藉料請求権は相続の対象となるか
上告を棄却
 論旨は、まず、原審は上告人の本件賠償請求を名誉毀損により蒙つた精神的損害
判示要旨:名誉毀損による損害賠償請求が排斥された事例
上告を棄却
原判決が第一審判示事実について名誉毀損罪の成立を是認したことが、憲法二一条...により名誉の保護を差別すべきであるとしているものではなく、同じ名誉毀損の行
判示要旨:名誉毀損罪の成立を認めたことが憲法第二一条に違反しないとされた事例
破棄
の名誉毀損罪に対する罰則の法定刑より重い法定刑をもつて処断すべき筋合いであ... 被告人の判示所為中名誉毀損の点は刑法第二三〇条第一項、罰金等臨時措置法第
判示要旨:公職の候補者の妻の名誉毀損が同時に選挙の自由妨害(昭和三七年法律第一一二号による改正前の公職選挙法第二二五条第二号後段)となるものと認めた事例
控訴を棄却
い程度の威力、さらには名誉毀損、侮辱に亘る言動等、一切の可罰類型に該る行為
判示要旨:一、 地方公営企業労働関係法第一一条第一項違反の争議行為と労働組合法第一条第二項の適用 二、 市電乗務員に対するいわゆるピケツテイングを正当な争議行為として威力業務妨害罪の成立を否定した事例
控訴を棄却
 論旨は、要するに、名誉毀損罪における事実の証明は自由な証明の方法によるこ...の名誉毀損にあたるところから、その四個の行為がそれぞれ刑法第五四条第一項前...罪と解すべきだと主張するのであるが、名誉毀損罪はその被害者ごとに犯罪が別個
判示要旨:一、 刑法第二三〇条ノ二にいう「真実ナルコトノ証明」の程度 二、 包括一罪ではなく四個の名誉毀損罪が成立し併合罪となるとされた事例
上告を棄却
おいて前記清源弁護人の尋問を上告人がしたものと勘違いしたために、被上告人の執筆した記載に正確を欠く点があるからといつて、名誉毀損が成立するものとはい
判示要旨:弁護士の法廷における証人尋問活動をソフィストの詭弁術等と批評した雑誌論文の公表が名誉毀損にならないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:公共の利害に関する事実の摘示と名誉毀損の成否
棄却
に基づく責任として、名誉毀損の場合につき裁判所において名誉を回復するに適当...ある。法人が名誉を毀損された場合金銭賠償の対象としては、物質上の損害、すなわち財産上の損害しか考えることができないのである。すなわち法人は名誉毀損に
判示要旨:民法第七一〇条は法人の名誉権侵害による無形の損害に適用があるか。
上告を棄却
していたことの証明を必要とし、名誉毀損罪におけるが如く、公表事項の真実であ...名誉毀損罪の成立について、摘示事実の真実であることの証明がない場合とは、該...事実が虚偽であるという謂いに外ならないものとなし、本件について名誉毀損罪の
判示要旨:公職選挙法第二三五条第二号の罪(虚偽事項の公表罪)における虚偽の事項とその証明。
破棄
行、脅迫、強要、住居侵入、傷害、業務執行妨害、詐欺、名誉毀損、物の隠匿、損壊
判示要旨:一 憲法第二三条の趣旨 二 学生集会と大学の有する学問の自由および自治
上告を棄却
する名誉毀損が同時に代表者に対する名誉毀損にも該当しうるとし、「法人と代表...者とは人格を異にする」との理由で上告会社に対する名誉毀損が同時に上告会社代...表者たるD個人に対する名誉毀損となることはないとした原判示を非難している。
判示要旨:他誌を誹謗する学界誌の記事につき名誉毀損の成立を否定した事例。
控訴を棄却
としてなした市町村農地委員会解散命令に付公務員が個人として名誉毀損による損
判示要旨:公務員の職権濫用行為と個人としての不法行為責任
上告を棄却
められるから、被告人に対し名誉毀損罪の成立を認めた原審の判断は相当である。)
判示要旨:一 労働組合の執行委員会において公然他人の名誉を毀損する行為と憲法第二八条 二 労働組合の執行委員会において公然他人の名誉を毀損する行為と刑法第三五条 三 刑法第二三〇条第一項にいう公然の意義。
破棄
のごとき控訴人の言動が刑法上の名誉毀損罪を構成するか侮辱罪を構成するかに論
上告を棄却
判示要旨:名誉毀損と憲法第二一条。
破棄
一人の談話として末尾に掲載された本件被告人の談話の部分のみが果して名誉毀損...者に名誉毀損罪の正犯としての客観的および主観的要件が備わつているか否かの点...につき、すなわち原判決が正犯としている名誉毀損罪の成立についての原審の判断
判示要旨:一 人権侵害、労働基準法違反等の疑があるとして関係官庁において調査を開始したという事実の報道と名誉毀損罪の成否 二 刑訴法第四一一条第一号にあたる事例
破棄
拐罪、名誉毀損罪(個人の尊厳を傷つける)、強窃盗・恐喝罪、建造物公文書・重大
判示要旨:昭和二五年東京都条例第四四号集会、集団行進及び集団示威運動に関する条例の合憲性。
上告を棄却
判示要旨:一 名誉毀損罪の成立する事例 二 刑法第二三〇条ノ二にいう「真実ナルコトノ証明アリタルトキ」に当らない事例
破棄
「かえつて信用が高まる」と言つて、悪徳新聞粛正の意味で名誉毀損で訴えろ!と...示されたものである。それが伝聞であるからといつて名誉毀損の罪を免れることは...がつて名誉毀損罪を構成する要件としての「事実摘示」の意味内容はよろしく上に
判示要旨:刑法第二三〇条にいう事実の摘示の意義
上告を棄却
し営業利益三六万円を失つた、よつて上告人は被上告会社に対し名誉毀損による慰
判示要旨:不起訴処分と不法行為における故意過失の推定。
上告を棄却
 もちろん私は名誉毀損文書や猥褻文書が数頁、数十頁にわたる場合にこれを起訴
判示要旨:一 被告人の経歴等と詳細な記載がある起訴状が刑訴法第二五六条第六項に違反しないとされた一事例 二 恐喝の手段として郵送された脅迫文書の殆んど全文が記載された起訴状と刑訴法第二五六条第六項
上告を棄却
判示要旨:名誉毀損と権法第二一条
棄却
なすことを要すべく、また名誉毀損の場合裁判所は被害者の請求により損害賠償に
判示要旨:株式会社と慰藉料の請求
上告を棄却
判所も右判断を正当として是認する。そして、右放言が刑法上の名誉毀損罪に成る
棄却
たときは、之によつて名誉毀損罪の成立あるものと解するを相当とする。
判示要旨:聴衆をして何らか非行ある者とは何人に該当するかを推知せしめるに足る内容の公言をした所為と名誉毀損罪の成否
破棄
提供した話者は、右名誉毀損の共同行為に対する幇助者又は教唆者としての責を免...くとも右名誉毀損の事実摘示として欠くるところはなく、原判決には所論のような...毀損する事実に応当する事実を新聞紙上に掲載発行する意思すなわち、名誉毀損の
判示要旨:名誉毀段損罪の幇助犯が成立する一事例
上告を棄却
て名誉毀損の記事と目すべきことは当然である。されば、この点に関する原審の判
判示要旨:一 法人に対する民法第四四条に基く請求と同法第七一五条に基く請求との訴訟物の異同 二 新聞記事が名誉を毀損すべき内容の意味かどうかの判断基準 三 新聞記事により過失に基き名誉を毀損した場合と正当業務行為の主張の許否
上告を棄却
る判決を認めていないようである。すなわち英、米では名誉毀損の回復は損害賠償...また独、仏では、加害者の費用をもつて、加害者の行為が、名誉毀損の行為である...損罪の有罪判決の新聞紙等への掲載、(三)名誉毀損記事の取消等の方法が考えう
判示要旨:一 謝罪広告を命ずる判決と強制執行 二 右判決は憲法第一九条に反しないか
控訴を棄却
同人に対する名誉毀損と認定したのは相当であつて、何等の違法はなく、論旨は理
判示要旨:刑法第二三〇条第一項にいわゆる事実の摘示
破棄
 しかし、職権で調査すると、原判決は被告人に対し刑法二三〇条の名誉毀損の事...び罪名が名誉毀損であるにしても、原判決は名誉毀損の事実を認めなかつたこと前
判示要旨:名誉毀損罪として起訴された事実を侮辱罪と認定する場合と公訴の時効
控訴を棄却
 Aは公務員(衆議院議員)であるところ、公務員に対する名誉毀損の所為は、摘...あり、また、公務員に対する名誉毀損罪の成否については、摘示事実の真実性に関
判示要旨:公務員の名誉を毀損する摘示事実の真実性につき証明が十分でない場合摘示者の単なる善意の誤認が犯意を阻却するか
上告を棄却
 所論は違憲をいう点もあるがその実質は要するに、名誉毀損罪が成立するには、...つて言論、出版の業にたずさわる被告人らに限つて、特に事実の証明が不充分であつても名誉毀損罪の成立が阻却されると解すべき理由はないと判示したことは、正... 同第二点は、違憲をいう点もあるがその実質は、所論の事実が名誉毀損罪を構成
判示要旨:一 いわゆる取材源についての論理慣行と名誉毀損罪における事実証明の程度 二 刑法第二三〇条ノ二の事業の真実性の立証責任
棄却
する)、該談話の具体的内容が即ち被控訴人主張の(1)乃至(6)の名誉毀損的...訴人等に名誉毀損の責任を負わすわけにはゆかない。
判示要旨:名誉毀損的記事が不法行為とならない場合
上告を棄却
判示要旨:名誉毀損罪の成立する一事例
控訴を棄却
ことを要するものというべく、名誉毀損罪に関する刑法第二三〇条第二三〇条の二
判示要旨:公職選挙法第二三五条第二号違反罪と犯意
上告を棄却
 従つて本件につき名誉毀損罪の成立を認めた原判決は正当であつて、論旨は採る
判示要旨:相手方の氏名を明示しない公務員に関する新聞記事が名誉毀損罪を構成する事例
却下
をせよとの請求の趣旨であり、控訴人両名に対し被控訴人両名がなした名誉毀損の...損害賠償を請求原因としたものである。控訴人両名は、本訴は名誉毀損に対する謝...謝罪広告が掲載されれば、控訴人両名の名誉毀損に対する損害賠償請求(同時に慰
判示要旨:名誉毀損の謝罪広告を求める請求は財産権上の請求か否かおよびその価額
破棄
真実なることの証明がないことを判示したものであり、如何なる点が名誉毀損にな...るに、刑法第二百三十条の二は同条所定の要件を充たす名誉毀損行為については真... Bの名誉毀損の点につき刑法第二百三十条第一項第二百三十条の二第一項罰金等
判示要旨:刑法第二三〇条ノ二の場合における犯意の阻却
控訴を棄却
 いわゆる名誉毀損罪における事実証明の要件及び効果について定めた刑法第二百
判示要旨:一、 親告罪における適法かつ有効な告訴の要件 二、 雑誌の編集局長または編集責任者と右雑誌の発売頒布による名誉毀損の結果に対する責任 三、 刑法第二三〇条ノ二にいわゆる公共の利害に関する事実に係る場合に該当しないとした一事例 四、 刑法第二三〇条ノ二第一項の事実の真否の判断と真実の証明 五、 刑法第二三〇条第一項所定の犯罪の成立に必要な故意とその責任を阻却される場合
棄却
 なお、本件記事について、被控訴新聞社か控訴人に対し名誉毀損の責任のないこ... <要旨>民事上の不法行為としての名誉毀損についても、刑法第二百三十条ノ二の... 敍上の理由により被控訴新聞社に本件記事について名誉毀損の責任ありとする控
判示要旨:民事上の不法行為と名誉毀損との関連性
破棄
ても脅迫罪を成立せしめるに足らないものと云わなければならない。その名誉毀損
判示要旨:一定年令層の青年全部が入会する慣行のある、青年会よりの除名と脅迫罪の成否
控訴を棄却
 名誉毀損罪における事実の摘示は具体的になされることを要することは所論の通...うか。刑法第二百三十条の二第三項は公務員の名誉毀損について同条第一項の原則... 名誉毀損罪を構成する事実の摘示において被害者の氏名を掲げない場合にも被害
判示要旨:刑法第二三〇条ノ二第三項の法意
上告を棄却
認した名誉毀損罪の成立を争うに過ぎないのみならず、原判決の確定するところに
判示要旨:被告人の防禦権の行使と名誉毀損罪の成立
上告を棄却
つてDをして昭和二一年五月a警察署に右Eを名誉毀損として告発せしめたとみえ、
控訴を棄却
 控訴趣意第三点(名誉毀損の犯意がない)について。
判示要旨:新聞報道の自由と名譽毀損
上告を棄却
いうに帰する。しかし、名誉毀損罪の成立を阻却するには、その行為が公共の利害
棄却
 右の者に対する恐喝、同未遂、詐欺、横領、業務上横領、贈賄幇助、名誉毀損被
549 件中 11/11 ぺージ
◀前    次▶
3 4 5 6 7 8 9 10 11

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in