裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62935 
刑事22172民事40763
収賄
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
収賄の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
収賄を犯した場合、 4.1%の確率で無罪、
95.9%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
79
7
2
69
14
0
411 件中 1/9 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
取り消す
に係る収賄被告事件(以下「別件刑事事件」という。)の第一審判決等を
破棄
,Cを収賄により,被告人両名を贈賄により...Cは,被告人両名とは併合審理されず,背任及び収賄のいずれについても事実関
判示要旨:民間企業が自社製品の開発研究に関しその分野を専門とする国立大学教授と個人契約を結んで技術指導を仰ぎ対価(技術指導料)を支払うのと並行して、開発研究に関連する実験が大学との共同研究として実施され、個人契約に基づく技術指導も研究期間中は実験の計画策定や準備・実行等が主であったという事実関係において、大学教授がその職務として学生らのために指導する実験により民間企業もまた企業目的に資する有益なデータを得ていたことなどから、技術指導料は大学教授の職務である実験に関する指導に対する対価を含むなどとしてこれに賄賂性を認め、技術指導料の支払を決裁するなどした民間企業の役員らに贈賄罪の成立を認めた原判決に対し、控訴審判決は、大学教授の実験に関する指導には、大学教授の職務である学生らに対する指導と個人契約に基づく民間企業に対する私的な指導とが併存していたとみるのが自然であるとして、技術指導料と職務との対価関係に疑問を呈するとともに、仮にいわゆる職務密接関連行為の理論によるなどしてその対価性が認められるとしても、大学教授をはじめとする研究職公務員の職務の特殊性に鑑みれば、実体のある職務外活動に関し適法な趣旨で供与された金員についてそのような対価関係のみで直ちに賄賂すなわち不正な報酬と認めるのは相当ではなく、賄賂であることを認定するには報酬の不正さを基礎付ける事情が対価性とは別に認められることが必要であると解されるとした上で、本件においてそのような事情は見当たらないとし、技術指導料の賄賂性を否定して、被告人らを無罪とした。
懲役2年6月
教示の謝礼として,本件業者から14回にわたり現金を収受した加重収賄,③平素...ら16回にわたり現金,自動車等を収受した単純収賄からなる事案である。
被告は,平成24年8月21日及び同年9月11日,収賄罪で東京地方
棄却
贈収賄罪として立件される可能性は低いという法的意見を述べ,後半で,...ついて,贈収賄罪での立件の可能性は低いのではないかという論評と,本
控訴を棄却
収賄被告事件...仲介業者まで巻き込むなど,まさに本件贈収賄を首謀したものであって,その...告人の刑事責任は相当に重いとした上で,被告人に前科前歴がなく,収賄の事
懲役1年6月
受託収賄被告事件...て,被告人には判示の受託収賄罪が成立する。
懲役1年6月
していたこともないから,被告人には収賄罪が成立しない。...ができたというべきである。被告人には,判示第1の事実について,収賄の故...ついても,収賄の故意があったと推認するのが相当である。被告人は,公判廷
懲役3年
虚偽有印公文書作成・同行使,受託収賄,地方公務員法違反
破棄
万5896円の支給を受けたが,その後,上記(2)の賄賂に係る収賄の罪により有...償責任を免除するように使われている。特にAは,収賄という重大な犯罪を犯して
判示要旨:県が求償権の一部を行使しないことは違法な怠る事実に当たらないとした原審の判断に違法があるとされた事例
懲役2年6月
として100万円分の商品券を受領した(判示第3),という加重収賄2件及び官...次に,加重収賄の各犯行についてみると,被告人は,いずれも上記のような職務...円の多額の商品券を受け取っており,収賄額合計は200万円に上っている。被告
棄却
また,亡Eが利用者からの金銭供与,すなわち収賄の疑いまでかけられ
棄却
は,収賄の罪や選挙犯罪を犯した場合に選挙人の資格が制限され
棄却
平成24年5月17日,市土地開発公社職員が収賄容疑で逮捕され,翌...5月17日に,市から派遣されている土地開発公社職員が収賄の容
棄却
イ 贈収賄事件の発覚...という。)及びdが収賄の容疑により,上記夫婦が贈賄の容疑によりそれ...る(以下,上記各贈収賄事件を総称して,「本件贈収賄事件」という。な
棄却
なお,稲沢市においては,平成23年5月に贈収賄で逮捕された議員に対して,...原告は,稲沢市においては,平成23年5月に贈収賄で逮捕された議員に対
判示要旨:海外で身柄拘束をされた市議会議員に対して身柄拘束期間中の議員報酬等を支給したことは違法であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき、市長個人に対する損害賠償請求をすることを求める請求が、棄却された事例
懲役2年
知事に在職していた被告に対し,被告を被告人とする収賄被告事件において,...収賄事件...受したとの収賄(平成15年法律第138号による改正前の刑法197条
懲役2年
る。)県知事に在職していた原告に対し,原告を被告人とする収賄被告事件に...収賄事件...受したとの収賄(平成15年法律第138号による改正前の刑法197条
却下
平成20年7月4日,前記(5)アの不正に関する収賄の容疑で逮捕され,...査結果報告書~大分県教員採用選考試験等に係る贈収賄事件を受けて
無罪
受託収賄,事前収賄,公職にある者等のあっせん...事情 聴 取 を 行 う 必 要 も あ っ た た め , 本 件 の 贈収賄事件の立件を先行させ...Cは,自治体の首長等の贈収賄事件の立件を目指す警察に協力すること
判示要旨:当時市議会議員であった現職市長に対する収賄等被告事件について、現金授受の事実についての贈賄者の供述の信用性に疑問があり、預金口座記録やメール内容等の間接事実を考慮しても現金授受の事実を認めるには合理的な疑いが残るなどとして、被告人を無罪とした事例
取り消す
贈賄又は収賄の事実により逮捕され,...県教委は,県教委幹部や教職員が,教員採用試験に関する贈賄又は収賄...び乙副主幹が使用していたパソコンを,(8)項の贈賄及び収賄の事実に関
上告を棄却
収賄,競売入札妨害被告事件...弁護人の所論に鑑み,本件収賄罪に関し,賄賂性について職権で判断する。...原判決の認定した本件収賄罪の犯罪事実の要旨は,「被告人A(以下「被告
判示要旨:売買代金が時価相当額であったとしても、土地の売買による換金の利益が賄賂に当たるとされた事例
棄却
株式会社Bから接待を受けるという収賄罪の構...原告に対して贈収賄の容疑で捜査が行われたことはなかったと認め...原告に対して贈収賄の容疑で捜査が行われたことはなかった。
判示要旨:「市長、頻繁に接待を受ける」などと報じた新聞記事につき、真実であるとも真実と信じたことについて相当の理由があるとも認められないとして、新聞社に名誉毀損による損害賠償を命じた事例
棄却
賄(加重収賄)…恐らく同理事長&C1社長による三重大学医学部E...り,この記載は,C1が被告の社長として賄賂を贈って「受託収賄(...加重収賄)」に関与した事実及び「三重大学医学部E1教授」に「虚
棄却
,例えば,公務執行妨害罪の客体や収賄罪の主体となり得るものと
上告を棄却
所論にかんがみ,第1審判決判示第1の受託収賄罪の成否について,職権で判断...するが,収賄罪の構成要件である「職務に関し」は,当該収賄公務員の職務との関...連性であって,本件のように,他の公務員に働き掛けることの請託を受けて収賄し
判示要旨:北海道開発庁長官が、下部組織である北海道開発局の港湾部長に対し、競争入札が予定される港湾工事の受注に関し特定業者の便宜を図るように働き掛ける行為について、賄賂罪における職務関連性が認められた事例
却下
これに対し,弁護人は,①本件取調べは,Eに対する別件収賄をにおわせて...類を押収し,翌日に,本件と並行して収賄に関する取調べや調書作成も行...ており,収賄関係よりも本件による被疑者として取調べを受け,逮捕のお
判示要旨:厚生労働省の課長であった被告人が郵便割引に関する内容虚偽の公的証明書を発行したとされる事件で、共犯者とされる者らに対する検察官による取調べに問題があったなどとして、一部の検察官調書につき特信性を否定し証拠請求を却下した事例
棄却
P9高校跡地の買受事業者の決定に関しては,斡旋収賄容疑で検挙され
判示要旨:市が、随意契約の一形態であるいわゆる総合評価方式により市の所有する高校跡地を売却したことが違法であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき、市長個人に損害賠償の請求をすることを市長に対して求める請求が、棄却された事例
懲役1年6月
受領した収賄罪との併合罪で前記実刑判決を受けていたもので,後者の罪...また,弁護人は,A2が,自身の控訴審の被告人質問において,収賄の...ことを問題視するが,そもそも当該収賄の事実は,本件談合における被告
判示要旨:a市長であった被告人が、当時の同市議会議員、大阪府警察官、建設会社の談合担当者らと共謀の上、同市が制限付き一般競争入札に付した清掃工場の土木建築工事に関して、入札の公正な価格を害する目的で談合したという事案について、被告人に対して懲役1年6月、3年間執行猶予の判決を言い渡した事例
懲役3年6月
件収賄事件につき,被告人において,株式会社B1に資金援助を要請し,株式...するので,当裁判所が,被告人に判示第1の談合罪及び同第2の収賄罪がそれ...また,A4は,本件証人尋問時,本件談合及び本件収賄と対向犯関係
判示要旨:a市議会議員であった被告人が、同市が制限付き一般競争入札に付した清掃工場の土木建築工事に関して、(1)当時のa市長、大阪府警察官、建設会社の談合担当者らと共謀の上、入札の公正な価格を害する目的で談合し、さらに、(2)建設会社の営業担当者らから自己の職務に関し、現金合計3000万円の賄賂を収受したという談合、収賄の事案につき、(1)の共謀及び(2)の職務関連性をいずれも認め、被告人を懲役3年6月に処した事例
無罪
謝礼として20万円相当の商品券の供与を受けたという収賄の事案である。...いものの,収賄額としては高額とまではいえず,被告人が,積極的に賄賂の供与を
判示要旨:県教育庁審議監である被告人が、同庁幹部職員の人事に関して、同幹部職員から商品券を受け取ったという収賄の控訴事実につき、商品券は賄賂の趣旨ではない、被告人には賄賂性の認識がないとして弁護人が無実を主張したのに対し、賄賂性を認める贈賄者の供述や種々の間接事実から、賄賂の趣旨であること及び被告人の賄賂性の認識を認定し、有罪に処した事例
懲役3年6月
昭和54年に元宮崎県知事が収賄で逮捕されたが,被告人は同知事の秘書,...【事前収賄事件(判示第1)の争点と判断】...たもので,被告人に,事前収賄に係る2000万円の現金を収受する意思があ
判示要旨:県知事であった被告人が、(1)知事就任前に、政治的指南役と共謀し、設計会社社長から賄賂である現金2000万円を収受した事前収賄の事案、(2)知事就任後、設計会社社長に依頼し、賄賂である顧問料名目の現金を毎月政治的指南役へ振込入金させて合計1026万円を供与させた第三者供賄の事案、(3)設計会社社長や県の部下職員らと共謀して、県発注業務の指名競争入札に際し談合をした競売入札妨害3件の事案において、各公訴事実を否認する被告人の弁解をいずれも排斥した上、懲役3年6月の実刑判決を言い渡した事例
上告を棄却
所論にかんがみ,事後収賄罪の成否について,職権により判断する。...である。原判決がこれと同旨の判断に立ち,事後収賄罪の成立を認めたのは,正当である。
判示要旨:防衛庁調達実施本部副本部長等の職にあった者が、退職後に私企業の非常勤顧問となり顧問料として金員の供与を受けたことについて、事後収賄罪が成立するとされた事例
懲役2年
後収賄の罪を認めた原判決は破棄を免れないが,被告人Aの弁護人からの控訴趣...金が賄賂になるというべきであり,所論のように,収賄者側が受け取る現金を,...被告人Aに対する事後収賄罪は成立しないのに,その成立を認めた原判決には,
判示要旨:地方公共団体の長らが請負業者と口頭で約束して履行させたのとは明らかに異なる内容の契約書を作成した行為が虚偽有印公文書作成罪に当たるとされた事例
懲役1年6月
受けたいとの趣旨のもとに,現金30万円の供与を受けたという収賄の事案であ
判示要旨:市の環境産業部下水道課長であった被告人が、同市発注に係る委託業務を受注していた会社の取締役から、同市が行う業務の入札等に際し便宜な取り計らいを受けたことに対する謝礼及び今後も同様の便宜な取り計らいを受けたいとの趣旨のもとに、現金30万円の供与を受けたという事案。
懲役2年
計らいをするなどし,その謝礼として各業者から賄賂を受け取った収賄(第2,...を受け取るなどしたあっせん収賄(第1,第5),競売入札妨害(第4)の事案...あっせん収賄,収賄について
判示要旨:国土交通省の造園職キャリアで当時国営公園事務所長等の地位にあった被告人が、所長権限を悪用して特定業者の特許工法を採用するなどし、その謝礼として2業者から合計約660万円の賄賂を受け取り、さらに、指名入札業者の依頼を受けて、省内の後輩である別の国立公園事務所長に入札書比較価格を内密に知らせるよう働きかけ、その謝礼として同指名入札業者から合計100万円の賄賂を受け取るなどした競売入札妨害、あっせん収賄、収賄被告事件について、懲役2年6月の実刑判決が言い渡された事例
懲役2年
加重収賄について
判示要旨:国交省職員(いわゆる造園職キャリア)で国立公園事務所長であった被告人が、同じ造園職の先輩に当たる人物からの働きかけにより同事務所が発注する公共工事の入札予定価格を指名入札業者に漏らし、これに対する謝礼として同業者から合計100万円の賄賂を受け取るなどした競売入札妨害、加重収賄被告事件について、執行猶予付判決が言い渡された事案
棄却
る。そして,Aの上記検察官調書には,背任の共謀と成立を前提にあっせん収賄等を行
棄却
本件は,J市議会議長であった被告人甲らによる背任,あっせん収賄被告事件であると...ころ,被告人甲は,前記のとおり,公訴事実第1の3のあっせん収賄被告事件について,賄
平成20年(わ)第105号 収賄被告事件
判示要旨:裁判所事務官として破産係に勤務していた被告人が、知人の破産手続に関し、現金15万円の賄賂を受けたという収賄の事案について、求刑を超える懲役1年6月(執行猶予付)の刑を言い渡した事例
懲役1年6月
「公費」を私物化し得る両者の癒着関係やこれを意に介さないという本件贈収賄行...係にある以上,被告人両名の供述する従前の事情をもって,被告人らが本件贈収賄...として贈収賄罪に該当しない旨を主張し無罪である旨争っているのを知った上で,
判示要旨:市役所職員である被告人Aが、情報処理関係の会社の社員である被告人Bらより、賄賂としてノートパソコン等を収受したとの公訴事実につき、その賄賂性を否定する被告人らの弁解を排斥した上、上記賄賂性を認める共犯者の供述及び種々の間接事実などから上記パソコン等の賄賂性を認定した事例。
懲役1年8月
加重収賄罪の成否...収賄の共謀をしたことはない,②Xが被告人に対し,株式会社Mからの賄賂を分配...として,本件加重収賄事件は無罪である旨を主張し,被告人も,弁護人の主張に沿
判示要旨:当時甲市議会議員であった被告人が、公共工事受注に係るブローカーとして暗躍していたXと共謀の上、甲市発注に係るし尿処理施設建設工事の受注を目指していた株式会社Mの従業員らに対し、株式会社Mのために有利かつ便宜な取り計らいをすることの報酬として1億1000万円を供与するよう要求し、上記従業員らにその旨を承諾させて賄賂の約束をした上、被告人が、上記工事請負契約の締結に係る議会承認決議の際、株式会社Mが談合により上記工事を落札したことを知りながら、異議を唱えることなく賛成して職務上不正な行為をし、その約束に基づき1000万円の賄賂を収受した加重収賄被告事件において、共謀、賄賂性、不正行為性、被告人の捜査段階の供述の信用性等が争われたが、関係者の証言をはじめとする関係各証拠により、加重収賄罪の成立が認められたものの、追徴額については、被告人がXから賄賂の分配として受け取った金員は、500万円にとどまると認定した上、裁量により、必要的追徴の対象となりうる7794万5925円のうち、被告人から追徴すべき金額は500万円とするのが相当であるとされた事例。
懲役2年6月
収賄の事案である。...次に,本件収賄についてみるに,被告人は,前記のように金銭的な見返りを期...それらをほどなく交遊費や借金返済等に費消し尽くしており,かかる収賄が日夜
判示要旨:市発注の公共工事に関する情報等を建設業者に提供していた大阪府警察官であった被告人が、同市長や建設会社の談合担当者らと共謀して公正な価格を害する目的で同工事につき談合し、これに関連して現金1000万円の賄賂を収受したという談合、収賄の事案において、懲役2年6月の実刑に処せられた事例
懲役2年
受託収賄,収賄,贈賄被
判示要旨:市の清掃工場の管理業務委託契約を巡り、市長(当時)が、随意契約による委託費が高額であるとして競争入札に切り替える旨の担当部署の発案をいったんは了承し決裁したにもかかわらず、業者側の請託を受けてこれを翻し、同部署に強く指示して業者側の希望金額による随意契約を継続させ、謝礼として業者側から現金を収受するなどした贈収賄の事案につき、行為の悪質性や結果の重大性、動機の自己中心性・利欲性、責任の自覚・反省に関する疑問等を理由に、市長に対しては実刑判決を言い渡した事例
棄却
かかる行為は,受託収賄罪(刑法197条1項後段)もしくは単純収賄罪(同
判示要旨:知事が、私学関係者から接待を受けていた教育長らに対し罷免権の行使等を行わず、同人らに給与を支出したことについて、財務会計法規上の違法はないとされた事案。
棄却
とおりであるが,その要旨は,上記法人税法違反被疑事件は本件収賄...C,Dの各検察官調書には,本件収賄に関連する内容は存在しないか...これらの検察官調書は,本件収賄,競売入札妨害に関する事実が記載
取り消す
を支出する具体的な収賄事件名のほか,捜査の対象となった被疑者の属...らの各記録から当該収賄事件の被疑者を特定することができる(乙②の...励慰労費を支出する具体的な贈収賄事件名のほか,捜査の対象となった
判示要旨:1 府警察本部の各部署の捜査費の支出に関する捜査費証拠書のうち、一般捜査費についての捜査費支出伺、支払精算書、支払伝票及び領収証(激励慰労費に係るものを除く。)並びに現金出納簿のうち一般捜査費についての記録部分に記録された各情報が、いずれも京都府情報公開条例(平成13年京都府条例第1号)6条7号に規定する公共秩序維持情報に該当するとされた事例 2 府警察本部の各部署の捜査費の支出に関する捜査費証拠書のうち、捜査諸雑費についての捜査費支出伺及び捜査費交付書兼支払精算書(激励慰労費に係るものを除く。)並びに現金出納簿のうち捜査諸雑費についての記録部分に記録された各情報が、いずれも京都府情報公開条例(平成13年京都府条例第1号)6条7号に規定する公共秩序維持情報に該当しないとされた事例
棄却
贈収賄刑事事件の供述調書等一件記録からの認定であり,本件住民訴訟
411 件中 1/9 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in