裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62404 
刑事22074民事40330
危険運転致死
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
危険運転致死の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
危険運転致死を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役5-10年」に処する。
0
1
18
0
87 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2
懲役7年
危険運転致死傷(予備的訴因...危険運転致死傷罪(自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関...た(なお,検察官は,主位的訴因に係る危険運転致死傷罪の実行行為として,被害
懲役5年
危険運転致死被告事件
判示要旨:カーブ進入時の被告人車両の速度である時速99kmから112kmはカーブでの限界旋回速度を超えていたとまでは認められないものの、「進行を制御することが困難な高速度」(自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律2条2号)に該当するとして、カーブで対向車線に自車を進出させて対向車両に衝突させ、その運転者を死亡させた被告人の行為につき危険運転致死罪の成立を認めた原判決の判断が是認された事例
自動車運転処罰法3条2項の危険運転致死傷罪と本質的に異なるものではな
懲役8年
道路交通法違反,危険運転致死)...本件の争点は,被告人に危険運転致死罪が成立するか否か,すなわち,被告人が...たというにすぎず,危険運転致死罪の成否に影響する事情とはならない。
破棄
危険運転致死傷,暴行(予備的訴因...の結果との間には因果関係がないのに,これを認めて危険運転致死傷罪の成立を...本件については因果関係が認められず,危険運転致死傷罪は成立
懲役7年
危険運転致死の点...ね,うち児童1名を死亡させ,他4名に傷害を負わせた危険運転致死傷及び道路交...以上の犯情からすれば,被告人の刑事責任はこの類型の危険運転致死の事案(死
懲役24年
睡眠導入剤摂取後に車を運転して死傷事故を引き起こした場合に危険運転致死傷罪
懲役11年
以上より,判示第2の危険運転致死の事実を認定した。
判示要旨:被告人が、自動車を酒気帯び運転し、その際、赤色信号を殊更に無視して横断歩道上を歩行中の被害者に自車を衝突させて死亡させた道路交通法違反、危険運転致死の事案について、赤色信号を「殊更に無視」したという点が争われたが、現場の信号が赤色表示になったタイミングや走行状況等を根拠に赤色信号を「殊更に無視」したと認定し、危険運転致死罪の成立を認めて懲役11年を言い渡した事例(裁判員裁判)
取り消す
といえるためであって,同条6号が規定する危険運転致死傷罪が,同法5
判示要旨:6年間を運転免許を受けることができない期間として指定する処分につき、処分基準所定の「運転者としての危険性がより低いと評価すべき特段の事情」が存在するとして、上記処分のうち上記期間を5年間を超えて指定した部分が違法であるとされた事例
上告を棄却
危険運転致死傷,道路交通法違反被告事件...所論に鑑み,本件における危険運転致死傷罪の共同正犯の成否について,職権で...第1審判決が認定した本件危険運転致死傷罪の犯罪事実の要旨は,以下のと
判示要旨:自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律2条5号の危険運転致死傷罪の共同正犯が成立するとされた事例
取り消す
危険運転致死傷罪における「赤色信号又はこれに相当する信号を殊更に無
懲役7年
危険運転致死(予備的訴因及び第1審認定罪名...本件の主位的訴因は,次のとおりの危険運転致死の事実である。被告人は,...本件は前記のとおりの危険運転致死の事案である。
控訴を棄却
危険運転致死傷(予備的訴因...論旨は,被告人には危険運転致死傷罪の故意がなく,過失運転致死傷...罪が成立するにすぎないのに,被告人には危険運転致死傷罪の故意があり,
懲役6年
差し挟む余地があるから,第2の事実に係る主位的訴因である危険運転致死傷
懲役17年
道路交通法違反,危険運転致死傷,詐欺被告事件...危険運転致死傷の事実について,被告人は,本件信号機の存在に気付いておらず,
控訴を棄却
因・危険運転致死傷(予備的訴因・道路交通法違反,過失運転致死傷)),...である危険運転致死傷罪の成立を認めなかった原判決には判決に影響を...下出血により死亡させたものである。 (罪名及び罰条‐危険運転致死傷・
控訴を棄却
して取り調べた上,原判示第2の危険運転致死傷の認定の用に...事実を認定した上,危険運転致死傷罪の共同正犯の成立を肯認...ない。したがって,③被告人Aについて危険運転致死傷罪の共
判示要旨:被告人両名がそれぞれ運転する2台の自動車で対面する信号機が赤色を表示している交差点に進入し、先行車両が左方道路から進行してきた被害車両に衝突するなどして、その運転者及び同乗者を死傷(4名死亡)させた事案で、被告人両名がおよそ赤色信号に従わずに高速度で交差点を通過する意思を相通じ、共謀して危険運転行為に及んだこと等を肯認し、危険運転致死傷及び道路交通法違反の罪が成立すると判断してそれぞれ懲役23年に処した原判決について、事実誤認や量刑不当等の主張を排斥し、被告人両名の各控訴を棄却した事例
懲役7年
平成28年(わ)第292号 危険運転致死(予備的訴因過失運転致死アルコール...して主位的訴因の一部を争い,本件に危険運転致死罪を適用するについて慎重な...その刑期を定めるに当たっては,検察官及び弁護人が指摘する危険運転致死の事
控訴を棄却
平成28年(う)第303号 危険運転致死傷被告事件...前の刑法208条の2第2項前段の危険運転致死傷罪(以下「本件罪」という。)...そうすると,被告人の行為は,危険運転致死傷罪全体の中ではやや軽い部類に属
判示要旨:「人又は車の通行を妨害する目的」(平成25年法律第86号による改正前の刑法208条の2第2項前段)があるとされる場合
懲役23年
び被告人Bに対する危険運転致死傷,道路交通法違反(予備的訴因・被告人Aに対...主位的訴因に関し,被告人両名の各弁護人は,危険運転致死傷について,い...前述のとおり,被告人両名の間には,危険運転致死傷罪の共謀が成立するか
判示要旨:被告人両名が、2台の自動車で赤色信号の交差点に進入して先行車両が被害車両に衝突するなどした危険運転致死傷、道路交通法違反の事案について、①赤色信号の殊更無視、②危険運転の共謀、③後行車両の運転者の救護・報告義務違反の故意の有無が争われたが、①信号の視認状況や走行状況等から、被告人両名が赤色信号を殊更無視したことを認定し、②被告人両名が互いの自動車の走行状況を認識して速度を競うように高速度で走行していたとして危険運転の共謀を認め、③共謀が成立することから後行車両の運転者に救護・報告義務違反の故意を認めた事例
懲役5年
条1項の危険運転致死傷罪が客観的にアルコール等の影響により正
判示要旨:普通乗用自動車を飲酒運転中の被告人が、過失により被害者に同車を衝突させた後、そのままその場を離れて警察に出頭するまで別の場所で過ごした行為につき、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律4条の「アルコールの影響の有無又は程度が発覚することを免れる目的」があったとされ、同条の過失運転致死アルコール等影響発覚免脱にあたるとされた事案
懲役22年
(危険運転致死傷罪の成立を認めた理由)...危険運転致死罪の犯情の軽重を決することができないので,...一罪として危険運転致死罪の刑で,判示第2につき重い救護
判示要旨:スマートフォンの画面を注視し、被害者らに気がつかないまま自車を衝突させた危険運転致死傷等(予備的訴因 過失運転致死傷等)被告事件において、危険運転致死傷罪の成立が争われたが、約15ないし20秒もの間ほとんど前を見ていないという運転態様や酔いの程度等を総合して、危険運転致死傷罪の成立を認めた事例
懲役7年
たことは誠に痛ましいものではあるが,危険運転致死の罪を犯した事案...すと,本件は,危険運転致死の罪を犯した事案における現在の量刑分布
控訴を棄却
危険運転致死傷被告事件...定し,危険運転致死傷罪の成立を肯定した。これに対して,論旨は,要す...とはいえないのに,その旨認定して危険運転致死傷罪の成立を肯定した原
判示要旨:対面信号機の赤色表示を認識した時点では交差点手前の停止位置で停止できない場合において、刑法208条の2第2項後段にいう赤色信号を「殊更に無視し」に該当するとされた事例
取り消す
103条2項は,同項各号で,危険運転致死傷,酒酔い運転,救護義...法が免許取消しとなる対象を危険運転致死傷や酒酔い運転といった3
懲役3年
危険運転致死の点...重い危険運転致死罪の刑で処断)
判示要旨:飲酒運転により同乗していた子を死傷させたという危険運転致死傷被告事件において、情状として心神耗弱の程度が争われ、運転態様、被告人の言動、血中アルコール濃度等からすると、被告人は酒の影響でひどく人が変わっており、負うべき責任は相当限定されているなどとして、懲役3年を言い渡した事例
懲役7年
危険運転致死傷被告事件...衝撃の大きさ,危険性までの認識がないとしても,危険運転致死傷...危険運転致死の点
判示要旨:被告人が進行を制御することが困難な高速度で自車を走行させたとして危険運転致死傷罪の成立が認められた事例
上告を棄却
危険運転致死傷幇助被告事件...なお,所論に鑑み,被告人両名に対する危険運転致死傷幇助罪の成否について,...ただけでは被告人両名に危険運転致死傷幇助罪は成立しないという。
判示要旨:刑法208条の2第1項前段の危険運転致死傷罪の正犯者である職場の後輩がアルコールの影響により正常な運転が困難な状態であることを認識しながら、車両の発進を了解し、同乗して運転を黙認し続けた行為について、同罪の幇助罪が成立するとされた事例
控訴を棄却
窃盗,建造物侵入,危険運転致死,道路交...論旨は,要するに,原判決には,原判示第5の危険運転致死に関して,...論旨は,要するに,原判決には,原判示第5の危険運転致死に関して,①
判示要旨:刑法208条の2第2項前段にいう「人又は車の通行を妨害する目的」が肯定された事例
懲役14年
であるから,危険運転致死罪が成立しない旨主張するので,この点につき検討す...たというべきであり,危険運転致死罪の故意もあったと認めるのが相当であ...以上からすれば,被告人には,危険運転致死罪が成立する。
上告を棄却
以下同じ。)の危険運転致死傷の訴因により起訴されたところ,第1審判決は,本件事故の原因は被告人の脇見であり,被告人が「アルコールの影響により正常な運...転が困難な状態」で自車を走行させたとは認められないとして,危険運転致死傷罪...識できない状態にあったと認められるとして,第1審判決を破棄し,危険運転致死
判示要旨:1 刑法(平成19年法律第54号による改正前のもの)208条の2第1項前段にいう「アルコールの影響により正常な運転が困難な状態」の意義 2 飲酒酩酊状態にあった被告人が直進道路において高速で自動車を運転中、先行車両に追突し、死傷の結果を生じさせた事案につき、被告人はアルコールの影響により前方を注視してそこにある危険を的確に把握して対処することができない状態にあったとして、危険運転致死傷罪が成立するとされた事例
棄却
Cは,危険運転致死傷及び道路交通法違反(救護・報告義務違反)の罪で...福岡地方裁判所は,平成20年1月8日,危険運転致死傷罪の成立を否定...5月15日,刑事第1審判決を破棄し,危険運転致死傷及び道路交通法違反
懲役2年
傷害を負わせた。被告人両名は,Cが上記のような危険運転致死傷の犯行を行...判示のとおりの危険運転致死傷の犯行を行ったことは,...Cは,被告人両名の後輩であり,自身に対する危険運転致死傷事件の裁
判示要旨:アルコールの影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させて6名を死傷させる危険運転致死傷の犯行を行った運転手の職場での先輩であり、長時間にわたって共に飲酒し、自動車に同乗していた被告人2名について、運転手が自動車を走行させることを了解し、黙認した一連の幇助による危険運転致死傷幇助罪の成立を認め、結果の重大性を重視してそれぞれ懲役2年の実刑に処した事例
懲役7年
判示要旨:アルコールの影響により正常な運転が困難な状態にあった被告人が、コンビニエンスストア前の駐車場で自車を後退させた際、後ろを歩いていた被害者(当時84歳)に自車後部を衝突させて路上に転倒させ、車底部に巻き込んだのに、これに全く気がつかないまま自車を走行させ、よって、被害者を死亡させたという危険運転致死の事案につき、懲役10年の求刑に対して、懲役7年を言い渡した事例(裁判員裁判対象事件)
懲役20年
誤認があり,主位的訴因である危険運転致死傷が認定されるべきであるとの主張で...結論としては,危険運転致死傷罪が成立するものと認めた。以下,理由を説明する。...検察官は,危険運転致死傷及び道路交通法違反(救護・報告義務違反)の各
判示要旨:事故原因を脇見として業務上過失致死傷罪を認定した第1審判決を破棄し、アルコールの影響により、正常な運転が困難な状態で本件事故を起こしたとして、危険運転致死傷罪の適用を認めた事例
棄却
る悲惨な事故に対応するために,危険運転致死傷罪(刑法208条の
判示要旨:沖縄県立学校教諭として採用され、県内の高校で勤務していた条件附採用期間中の原告が、沖縄県島尻郡伊平屋村で同僚教師が飲酒運転による死亡事故を起こした普通乗用自動車に同乗していたなどとして、沖縄県教育委員会から停職期間6か月の懲戒処分を受け、さらに、その後、免職の分限処分を受けたことに対し、主位的にはこれら各処分が無効であることの確認を求め、予備的にはこれら各処分の取消しを求めた請求をいずれも棄却した事案
却下
とから,危険運転致死傷罪(刑法208条の2)を新設する内容の改正
懲役4年6月
判示第3の危険運転致死罪の成否(被告人にV車の通行を妨害する目的があ...亡させたのであるから,被告人には危険運転致死罪が成立することとなる。...目的による危険運転致死の各事案である。
判示要旨:酒気帯び運転での追突事故後も車両の運転を継続し、対向進行してくる車両(被害者運転車両)を認めたにもかかわらず、先行車両が4台連なる状況で、時速約80キロメートル以上の速度で反対車線上にはみ出して先行車両の追越しを開始し、結果、被害者運転車両と正面衝突して被害者を死亡させたという事案につき、通行を妨害する目的がなかったとの被告人の主張が排斥され、危険運転致死罪の成立が認められた事例
懲役16年
と主張し,本件について危険運転致死傷罪は成立せず,自動車運転過失致死傷及...生じることもあり得ることから,危険運転致死罪の法定刑は自動車運転過失致死罪の...があるのであって,これらの諸事情に照らせば,本件は,危険運転致死傷罪が予定し
判示要旨:アルコールの影響により正常な運転が困難な状態であるにもかかわらず、熊谷市内の店舗から自動車の運転を開始し、同市内の左カーブになった道路を進行するに当たり、時速約100キロ以上の速度まで加速したため、自車を対向車線に進出させ、2台の対向車両に自車を次々と衝突させ、対向車両に乗車していた2名を死亡させ、さらに、対向車両に同乗していた4名及び自車の同乗者2名に判示の傷害を負わせたとして、懲役20年が求刑された事案について、危険運転致死傷罪の成立を認めた上で、被告人を懲役16年に処した事例
上告を棄却
なお,所論にかんがみ,危険運転致死罪の成否につき,職権により判断する。...更に無視したものに当たるとして,危険運転致死罪の成立を認めた原判断は正当で
判示要旨:刑法(平成19年法律第54号による改正前のもの)208条の2第2項後段にいう赤色信号を「殊更に無視し」の意義
棄却
して本件車両を同駐車場から出庫せしめ,Aの危険運転致死傷の犯行を容易にさせ...弁護人は,①公訴事実中に本犯であるAが犯した危険運転致死傷罪の犯行内容が...詳細に引用されているが,危険運転致死傷罪は道路交通法違反の罪とは罪質が異な
判示要旨:被告人が同乗していた自動車の運転者がアルコールの影響により正常な運転が困難な状態で、信号無視をして横断歩行中又は横断歩道付近にいた被害者らをひく危険運転致死罪を犯したのに対し、被告人が酒酔い運転を幇助する意思で運転者の運転行為を容易にしたという事案
棄却
も危険運転致死傷罪の新設やシートベルト着用率向上等を挙げている。ま
判示要旨:1 一般有料自動車専用道路及びジャンクションの新設工事等の事業に係る起業地について国土交通大臣がした土地収用法16条所定の事業の認定の取消しを求める訴えにつき、前記起業地内の不動産又は立竹木等について財産上の権利を有しない者の原告適格が、否定された事例 2 一般有料自動車専用道路及びジャンクションの新設工事等の事業に係る起業地について国土交通大臣がした土地収用法16条所定の事業の認定の取消しを求める訴えにつき、いわゆる環境保護団体の原告適格が否定された事例 3 一般有料自動車専用道路及びジャンクションの新設工事等の事業に係る起業地について国土交通大臣がした土地収用法16条所定の事業の認定が、土地収用法20条3号の要件に適合しているとされた事例 4 「騒音に係る環境基準について」(昭和46年5月25日閣議決定の旧環境基準及び平成10年環境庁告示第64号の新環境基準)における「道路に面する地域」の意義 5 平成13年法律第103号による改正時の土地収用法の改正附則2条と憲法29条3項及び31条 6 収用委員会が、土地収用法48条4項ただし書に基づき、土地の境界が不明であるとしてしたいわゆる不明裁決が、適法とされた事例
棄却
(ウ)原告らは,被告Eの危険運転致死罪での起訴(訴因変更 )
懲役4年
道路交通法違反,危険運転致死(予備的訴因業務上...せ,道路左側の電柱等に激突させ」て同乗者2名を死亡させた危険運転致死罪...以上からすれば,本件事故を惹起した被告人の行為につき,危険運転致死罪
懲役7年6月
危険運転致死傷(予備的訴因...れぞれ負わせた」というものであり,検察官は,被告人には危険運転致死傷罪...したがって,本件の争点は,危険運転致死傷罪の成否である。
棄却
被告Lが,本件事故に関し,危険運転致死傷罪で,法定刑の上限であ
判示要旨:アルコールの影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させて起きた死亡交通事故で、運転者の被害者への加害行為を助長、援助したものとして、運転者と一緒に飲酒、同乗していた者に民法719条2項の幇助者の責任が認められたとされた事例
懲役12年
く複数名を被害者とする危険運転致死傷罪等と一概に同視できない側面を有するこ
懲役5年
ことを構成要件とする危険運転致死傷罪(刑法208条の2)を創設し,被害者が...その後,死亡被害者が2人以上に及ぶ危険運転致死事件又は危険運転致死傷事件...の危険運転致死傷罪の法定刑が1年以上20年以下の懲役刑となったことにも照ら
判示要旨:4名を死亡させ、17名に重軽傷を負わせた業務上過失致死傷の事案について、懲役5年の刑に処した事例
懲役6年
危険運転致死傷罪の成否...しかし,刑法208条の2所定の危険運転致死傷罪は,その規定の形式から
懲役7年
危険運転致死等被告事件につき,被告人を懲役7年に処した事案...いること,検察官から,公訴提起に当たって重ねて危険運転致死罪の罪責を説...死させ,その際,救護義務及び報告義務を怠ったという危険運転致死及び道路交通
判示要旨:危険運転致死等被告事件につき、被告人を懲役7年に処した事案
87 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in