裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
すべて:63441 
刑事22259民事41182
再築工法
の検索結果
41182 件中 10/824 ぺージ
◀前    次▶
6 7 8 9 10 11 12 13 14
取り消す
判示要旨:地方団体が国に対して特別交付税の額の決定の取消を求める訴えは、裁判所法3条1項にいう「法律上の争訟」に当たる
取り消す
判示要旨:地方団体が国に対して特別交付税の額の決定の取消しを求める訴えは裁判所法3条1項にいう「法律上の争訟」に当たるか
却下
判示要旨:1 駐車場として賃貸されている土地の所有者がその子らに対して当該土地を無償で使用収益させる旨の使用貸借契約の成立が認められた事例 2 所有者がその子らに対して無償で使用収益させている土地の駐車場収入が、所得税法上、当該土地使用借人に帰属するとされた事例
破棄
判示要旨:相続人YがAの遺産について相続分を有することを前提とする前訴判決が他の相続人Xとの間で確定するなどしていた場合において、Xが自己に遺産全部を相続させる旨のAの遺言の有効確認をYに対して求める訴えを提起することが信義則に反するとはいえないとされた事例
取り消す
判示要旨:1 健康保険料、厚生年金保険料及び子ども・子育て支援法上の拠出金の納入の告知と抗告訴訟の対象 2 健康保険・厚生年金保険の被保険者標準報酬月額に係る決定・改定、標準賞与額の決定の行政手続法2条4号所定の「不利益処分」該当性 3 日本年金機構が、国内の事業所から海外法人に転籍した上で国内の事業所に出向していた従業員の標準報酬月額及び標準賞与額を決定するに当たり、海外法人名義で支払われていた給与及び賞与を報酬月額及び賞与額に算入すべきであるとして、職権により行った健康保険・厚生年金保険の被保険者標準報酬月額に係る決定又は改定及び標準賞与額の決定が、行政手続法14条1項本文所定の理由の提示を欠き、違法であるとされた事例
却下
判示要旨:弁護士職務基本規程(平成16年日本弁護士連合会会規第70号)57条に違反する訴訟行為について、相手方である当事者は、同条違反を理由として、これに異議を述べ、裁判所に対しその行為の排除を求めることはできない
取り消す
判示要旨:大阪刑務所が保有する控訴人(同所被収容者)の診療情報は、行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律45条1項所定の保有個人情報に該当せず、同法12条1項による開示請求の対象になると解されるから、控訴人がした当該診療情報の開示請求につき同法45条1項を適用してされた不開示決定が違法であるとして取り消された事例。
却下
判示要旨:父母以外の第三者は、事実上子を監護してきた者であっても、上記第三者と子との面会交流について定める審判を申し立てることはできない
棄却
判示要旨:父母以外の第三者は、事実上子を監護してきた者であっても、子の監護をすべき者を定める審判を申し立てることはできない
上告を棄却
判示要旨:民法上の配偶者は、その婚姻関係が事実上の離婚状態にある場合には、中小企業退職金共済法14条1項1号にいう配偶者に当たらない
41182 件中 10/824 ぺージ
◀前    次▶
6 7 8 9 10 11 12 13 14

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in