裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:63043 
刑事22190民事40853
公文書偽造
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
公文書偽造の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
公文書偽造を犯した場合、 4.8%の確率で無罪、
95.2%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
22
2
1
11
1
122 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
死刑
被告人に対する有印公文書偽造・同行使,有印私文書偽造・同行使,詐欺,
棄却
161条1項)や有印公文書偽造・同行使(同法155条1項,15
棄却
年7月11日付で,被告企画管理部長を有印公文書偽造,同行使罪で神戸地
懲役1年6月,執行猶予
有印公文書偽造の点...有印公文書偽造とその行使との間には手段
懲役2年6月
被告人の判示第1及び判示第2の各所為のうち,各有印公文書偽造の点はいずれ...判示第1及び判示第2の各有印公文書偽造とその各行使と各詐欺との間にはいずれ...の払戻しを受け,多額の現金を詐取したという有印公文書偽造,同行使及び詐欺の
同人は,Lの活動の中で犯した有印公文書偽造・同行使な
控訴人は,被控訴人らにより協力されたと推定される有印公文書偽造行為によっ...当時の控訴人の上司が有印公文書偽造行為を行ったと推定され,
控訴を棄却
平成28年(う)第727号 有印私文書偽造,有印公文書偽造,建造物損壊,...転免許証1通を偽造し(原判示第6)(以下,これらの有印公文書偽造及び有
判示要旨:差し押えたパソコンに対する検証許可状を得てサーバにアクセスし、メール等を閲覧するなどの検証をして作成された検証調書等の証拠能力を否定したものの、その他の証拠については、本件検証がなくても、捜査機関がそれらの証拠を取得することが可能であったと認められるため、本件検証と密接な関連性がないとして証拠能力を認めた原判決の判断が是認された事例
棄却
印公文書偽造又は虚偽有印公文書作成・同行使事件(以下,本件公的証明書の
懲役1年6月
る有印公文書偽造ないしは虚偽有印公文書作成・同行使事件(以下,公的
判示要旨:大阪地検特捜部長の職にあった被告人A及び同部副部長の職にあった被告人Bが、部下である特捜部所属の検察官による証拠改ざんの事実を認識しながら、共謀の上、事実をすり替えて当該検察官に対する捜査を行わず、上司にも虚偽の報告を行うなどして同捜査を行わないようにさせて、証拠隠滅罪の犯人である当該検察官を隠避させたという犯人隠避の事案について、被告人両名に対し、それぞれ懲役1年6月、3年間執行猶予を言い渡した事例
懲役1年
ら3名による有印公文書偽造,同行使の共同正犯が認められる旨主張する。
判示要旨:厚生労働省の係長であった被告人が、障害者団体が郵便料金の割引を受けるための同省発行の証明書の偽造などをした事件において、弁護人が、本件では検察官による証拠(フロッピーディスク)の改ざん等の違法行為があったことから本件刑事手続を打ち切るべきであると主張したのに対し、手続の打ち切りが認められるとしても、それは、検察官等による重大な違法があり、それによる被告人の権利や防御権に対する侵害が著しく、もはや公正な裁判を期待することができず、被告人の救済、司法の廉潔性維持や将来における違法行為の抑制のためには、当該刑事手続を打ち切る以外に手段がないような極限的な場合に限定されるものと解した上、本件ではそのような場合にまで至っているものとは認められないとして、実体判決により、被告人の有罪を認定し、検察官の違法行為によって被告人が負担を強いられたことなどをも考慮して、被告人に懲役1年(3年間執行猶予)を言い渡した事例
棄却
たとして,原告らを公文書偽造罪で告発した(以下「本件告発」とい
死刑
その後,被告人は,長崎市に対し,I建設を公文書偽造で告訴し,指
執行猶予
使・詐欺,有印公文書偽造・同行使・詐欺の事案であるところ,詐取し...同行使・詐欺(同1ないし3,5ないし7)又は公文書偽造・同行使・詐欺...なお,弁護人は,本件虚偽有印公文書作成・同行使罪,有印公文書偽造・
棄却
また,被告が,公文書偽造などの罪でDを告発したこともない。
懲役3年6月
156条,155条1項に,判示第2の所為のうち,各有印公文書偽造の点はいず...有印公文書偽造とその行使と詐欺との間,及び別表4番号1ないし5の各有印公文
無罪
 当裁判所は,本件公訴事実中,有印公文書偽造罪については,「行使の目的」を...   最後に,有印公文書偽造罪の成否について検討する。まず,被告人の行為が,客... 有印公文書偽造,同行使,詐欺 刑法第155条第1項,第158条第1項,第246条
懲役1年4月
平成16年(わ)第150号,第190号 窃盗,有印公文書偽造,同行使,有印私...(判示第2及び第5につき有印公文書偽造罪及び同行使罪を認定しなかった理由)...1のうち,有印公文書偽造罪に係る公訴事実(以下,「判示第2の有印公文書偽
懲役8年
第1 判示第1の1ないし3の有印公文書偽造,同行使の各事実について...そうすると,判示第1の1ないし3の有印公文書偽造,同行使の各犯罪事実...ないし3の各有印公文書偽造と偽造有印公文書行使との間にはいずれも手段結果の
懲役5年
 被告人は,平成13年9月14日大阪地方裁判所で窃盗,有印公文書偽造,偽造...することとし,これらは前記確定裁判があった窃盗,有印公文書偽造,偽造有印公
懲役4年
有印公文書偽造,同行使,詐欺被告事件...    各有印公文書偽造の点    刑法60条,155条1項...詐取したという有印公文書偽造,同行使,詐欺の事案である。
懲役3年
   なお,検察官は,判示第4の犯行中,有印公文書偽造,同行使についても,...所為のうち,各有印公文書偽造の点はいずれも同法155条1項に,その各行使の...46条2項に,判示第3の所為のうち,有印公文書偽造の点は同法60条,155
棄却
により,同年12月25日に有印公文書偽造,同行使,有印私文書偽造,同行使,
懲役3年
 被告人に対する有印公文書偽造,同行使,公務員職権濫用,建造物侵入,窃盗,... 被告人の判示第1の所為のうち,各有印公文書偽造の点はいずれも刑法155条...という有印公文書偽造,同行使及び公務員職権濫用各7件,被告人方に近接する宅
懲役1年6月
行使するまでの間に,被告人がAとの間で有印公文書偽造,同行使及び詐欺の共謀...を遂げた事実は認めるに足りないから,有印公文書偽造,同行使の点については犯...を持ちかけられたが,それまでの間,Aによる前記の有印公文書偽造,同行使の事
懲役2年
被告人の判示所為のうち,各有印公文書偽造の点は刑法155条1項に,その
棄却
 被告人の判示第一の所為のうち、有印公文書偽造の点は平成七年法律第九一号...六一条一項、一五九条一項に該当するところ、判示第一の有印公文書偽造とその行
却下
(2) 被告は,平成8年3月ころ,有印公文書偽造,同行使,詐欺罪により実刑判決を受けた元安中
懲役2年6月
第2 有印公文書偽造・同行使(判示第2)について... 1 弁護人は,(1) 本件有印公文書偽造について,Cは,正規の国税職員に内容...告人の行動の食い違いが大きい上,虚偽公文書作成罪と公文書偽造罪とは構成要件
破棄
 所論は、要するに、原判決は、本件公訴事実のうち、有印公文書偽造、同行使の...る場合或いは偽造文書として実在しない場合でも、有印公文書偽造罪にあたるとい...が、右の各事例と同様に有印公文書偽造罪にあたるといえるかどうかが本件の問題
判示要旨:公文書の内容を改ざんしこれを原稿としてファクシミリで送信し受信先のファクシミリで印字させて作成した写しが有印公文書偽造罪の客体に当たるとされた事例
棄却
ら、被告らの行為は、虚偽公文書作成、公文書偽造、業務上横領、背任などの犯罪
判示要旨:1 公務員等の懲戒免除等に関する法律(昭和27年法律第117号)5条に基づく条例の定めるところにより賠償の責任に基づく債務を減免されることのできる職員の範囲 2 水道企業の会議、接待の費用であるとしてされた公金の支出が違法であるとして、地方自治法242条の2第1項4号前段に基づき、府水道部総務課長個人に対してされた損害賠償請求が、当該公金の支出は違法であり、同人は損害賠償責任を負うところ、その責任に基づく債務は公務員等の懲戒免除等に関する法律(昭和27年法律第117号)5条ただし書に該当し、減免の対象とならないなどとして、認容された事例
棄却
 なお、職権をもって判断すると、記録によれば、申立人は、有印公文書偽造等被
判示要旨:国選弁護人を付された被告人が判決宣告後上訴申立てのため公判調書の閲覧を請求することの可否
取り消す
(四) 原告は、平成元年三月一八日、前記の容疑につき公文書偽造、同行使、詐
上告を棄却
右各所為は、いずれも刑法一五五条一項の有印公文書偽造罪に当たると解するのが... 二 しかも、有印公文書偽造、行使罪には、一年以上一〇年以下の懲役という相...いても公文書偽造罪と全く同じ刑罰が法定されるべきかどうかについては、立法過
判示要旨:公文書の内容に改ざんを加えたうえそのコピーを作成した場合の擬律
破棄
和四二年二月窃盗罪、公文書偽造罪などで、昭和五〇年三月窃盗罪で、いずれも執
判示要旨:死亡の事実を認定して死体遺棄罪が成立するとされた事例
却下
市の公金から違法に納付した。加えて、被告らの前記所為は詐欺、公文書偽造等の
判示要旨:普通地方公共団体の住民が、地方自治法242条の2に基づく訴えを提起した後、右訴訟係属中に当該普通地方公共団体から転出した場合の右訴えの適否
上告を棄却
そして、そのことは、本罪の規定が文書偽造罪の章の中に公文書偽造罪と一連の犯
判示要旨:一 道路運送車両法に規定する電子情報処理組織による自動車登録フアイルと刑法一五七条一項にいう「権利、義務ニ関スル公正証書ノ原本」 二 道路運送車両法に規定する電子情報処理組織による自動車登録フアイルの「使用の本拠の位置」等についての虚偽の記載と刑法一五七条一項にいう「不実ノ記載」
上告を棄却
一項の有印公文書偽造罪の客体にあたると解するのが相当である(最高裁昭和五〇... 私は、公文書のコピーが公文書偽造罪の客体となるとする多数意見にはにわかに賛成することができない。... 公文書偽造罪は、公文書に対する公共的信用を保護法益とし、公文書が証明手段
判示要旨:公文書を電子複写機で複写したものに改ざんを施しこれを更に複写したものが有印公文書偽造罪の客体にあたるとされた事例
控訴を棄却
和四八年五月に原判示第四、第五の有印公文書偽造などの罪で逮捕勾留され、引き
判示要旨:殺人罪における殺害方法の判示の程度
上告を棄却
為は、刑法一五五条一項の有印公文書偽造罪にあたると解すべきであるから(最高... 公文書偽造罪の客体は、いうまでもなく、「公務所又は公務員の作るべき文書」...有するものと認められる限り」公文書偽造罪の客体となる文書に含まれるとするの
判示要旨:公文書の電子コピーの作成が有印公文書偽造罪にあたるとされた事例
破棄
かも被告人は、昭和四八年八月一〇日東京高等裁判所において有印公文書偽造、同
判示要旨:偽造有価証券行使未遂罪が成立するとされた事例
破棄
 第一、 控訴趣意第一は、原判示第一の有印公文書偽造、同行使の事実につき、...た旨事実を認定し、五個の有印公文書偽造罪と五個の同行使罪が成立し、各偽造罪... 所論(控訴趣意第一、三)は、仮に五個の公文書偽造罪が成立するとしても、被
判示要旨:昭和四八年総理府令一一号による改正後の様式の自動車運転免許証に数種の免許の記載があるものを偽造した場合の罪数
破棄
右各複写文書の作成行為は、いずれも公文書偽造罪を構成せず、仮に、右各複写文...第一二、第一四の各事実に対し有印公文書偽造・同行使の該当法条を各適用した原...旨は理由がない。また、公文書偽造(変造)罪は、公文書に対する公共的信用を保
判示要旨:有印公文書の変造罪において「行使の目的」があるとされた事例
破棄
きないものであるから、被告人がこれを作成したことが公文書偽造罪にあたるのは...成ということはできないので、公文書偽造罪の成立は免れない、と判示した。原判...うべきであるから、公文書偽造罪の成立は免れない、と判示した。
判示要旨:補助公務員による手続違反の公文書作成につき公文書偽造罪の成立が否定された事例
破棄
 本件公訴事実のうち、所論指摘の有印公文書偽造、同行使の事実の要旨は、被告... おもうに、公文書偽造罪は、公文書に対する公共的信用を保護法益とし、公文書...あるから、公文書偽造罪の客体となる文書は、これを原本たる公文書そのものに限
判示要旨:公文書の写真コピーの作成が公文書偽造罪にあたるとされた事例
控訴を棄却
 所論は、原判決は、本件公訴事実のうち、有印公文書偽造・同行使の点につき、...私文書を作成したにすぎないものであつて、有印公文書偽造罪は成立せず、またそ...告人みずからの権限で作成した私文書とみて、有印公文書偽造・同行使罪の成立を
判示要旨:供託金受領証の写真コピーの作成が公文書偽造罪にあたらないとされた事例
控訴を棄却
 所論は要するに、原判決は、本件公訴事実中無印公文書偽造同行使の点につき、...公文書偽造罪は成立せず、またその行使罪も成立しないとして、無罪の言渡をし...て、無印公文書偽造罪およびその行使罪のいずれも成立しないと判断しているので
判示要旨:複写機による写の作成が公文書偽造罪を構成しないとされた事例
破棄
 検察官所論の要旨は、原判決が本件公訴事実中有印公文書偽造、同行使の事実に...五五条一項の客体たるべき文書には該当せず、よつて、公文書偽造罪が成立しない...るのが至当である。従つて、本件は有印公文書偽造、同行使罪が成立するのに、こ
判示要旨:公文書偽造罪(刑法一五五条三項)の成立する事例
取り消す
あります、殊に印鑑証明書の証明年月日の改ざんは公文書偽造同行使に該り裁判所
判示要旨:司法書士認可取消処分の執行停止申立てにつき、「回復の困難な損害を避けるため緊急の必要があるとき」に当たるとした事例
破棄
月一一日東京地方裁判所で有印公文書偽造、同行使、道路交通法違反の罪により懲... 被告人は、昭和四三年一〇月一一日東京地方裁判所において、有印公文書偽造、
判示要旨:タクシー会社に勤務する自動車運転者の稼働期間中の無免許運転行為と罪数
122 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in