裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
すべて:63503 
刑事22266民事41237
傷害
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
傷害の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
傷害を犯した場合、 9.4%の確率で無罪、
90.6%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
122
52
26
119
87
12
6
23671 件中 6/474 ぺージ
◀前    次▶
2 3 4 5 6 7 8 9 10
上告を棄却
判示要旨:生命維持のためにインスリンの投与が必要な1型糖尿病にり患した幼年の被害者の治療をその両親から依頼された者が、両親に指示してインスリンの投与をさせず、被害者が死亡した場合について、母親を道具として利用するとともに不保護の故意のある父親と共謀した殺人罪が成立するとされた事例
L1を発現していない元々のYAC-1細胞とでは,その細胞傷害性に有...P815/PD-L1細胞に対する2C細胞の細胞傷害性測定実験(実...響を考慮する必要がなく,細胞傷害性T細胞の解析に適している。
禁錮3年,執行猶予
重過失激発物破裂,重過失傷害被告事件...ともに,別表2記載のとおり,C等44名に傷害をそれぞれ負わせたものである。...各重過失傷害の点
判示要旨:激発しやすい液化ガスが充てんされたスプレー缶約77本から91本を噴霧して店舗内に充満させた被告人が、火気の使用を厳に慎み、同ガスに引火爆発することによる危険の発生を未然に防止すべき注意義務があるのにこれを怠り、漫然と同店内に設置されたガス瞬間湯沸器を作動させて点火した重大な過失により、同ガスに引火爆発させ、よって、現に人が住居に使用し、または、現に人がいる建造物8棟を損壊するとともに、44名に傷害をそれぞれ負わせたとして、禁錮3年、執行猶予4年を言い渡した事案。
棄却
暴行を加えて傷害を負わせるという事件(以下「本件事件」という。)が発
懲役3年,執行猶予
上腕部切創の傷害及び左胸部刺創の傷害をそれぞれ負わせたにとどまり,Aを死...傷害結果が全治9日間にとどまっているとしても,このような被告人の行為の危険性...の傷害を負わせたにとどまる殺人未遂(単独犯)の事案の中でも,比較的軽いものと
判示要旨:被告人が、かつて交際関係にあった被害者に対し、交際解消の理由等について説明や謝罪を求めたが、これを受けられなかったため、準備していたナイフを取り出して、被害者の上半身に向けて2度突きだしたが、いずれも被害者に止められたため、被害者に全治9日間の右上腕部切創等の傷害を負わせたにとどまった殺人未遂の事案で、争点である殺意の有無及び責任能力について、いずれも認めた上、被告人に懲役3年、執行猶予5年を言い渡した事例。
上告を棄却
判示要旨:ストーカー行為等の規制等に関する法律2条1項1号にいう「住居等の付近において見張り」をする行為の意義
上告を棄却
判示要旨:ストーカー行為等の規制等に関する法律(平成28年法律第102号による改正前のもの)2条1項1号にいう「住居等の付近において見張り」をする行為の意義
懲役10年
血等の傷害を負わせ,同日午後5時10分頃,札幌市(住所省略)B病院において,...同人を前記傷害に基づく外傷性ショックにより死亡させたものである。...本件は傷害致死の事案であり,被害者が亡くなるという重大な結果が生じている。
判示要旨:被告人が、知人であった被害者男性に対し、その全身を、数十回足で踏みつけるなどの暴行を一方的に加え、頭部皮下出血・くも膜下出血等の傷害を負わせ、当該傷害に基づく外傷性ショックにより死亡させた事案で、暴行の過酷さを中心に前科等も考慮し、被告人に懲役10年の刑を言い渡した事例。
懲役22年
傷害を負わせたにとどまり,同人を死亡させるには至らなかった。...生じたものであって,被害者も当初は警察に届け出ていないこと,傷害結果が比較
上告を棄却
本件は,交通事故によって傷害を受け,その後に後遺障害が残った被上告人...被上告人は,本件事故により脳挫傷,びまん性軸索損傷等の傷害を負い,そ...同一の事故により生じた同一の身体傷害を理由とする不法行為に基づく損
懲役4年
Aに全治約1か月間を要する頭部切創,左頸部切創の傷害を負わせたにとどまり,...は傷害罪が成立するにとどまると主張する。...害者は全治約1か月の左頸部切創等の傷害を負っている。被告人は,事前に凶器を準
判示要旨:被告人が、精神科の主治医であり男女関係にあった被害者を殺害しようと思い、牛刀等の刃物2本を購入して被害者の経営する診療所に侵入し、診察室にいた被害者の顔や頭付近に向けて右手に持った前記牛刀を振り下ろすなどしたが、全治約1か月の左頸部切創等の傷害を負わせたにとどまった殺人未遂等の事案で、争点となっていた殺意及び責任能力について、いずれも認めた上、被告人に懲役4年を言い渡した事例。
破棄
蹴るなどの暴行を加え,Aに全治1か月を要する胸骨骨折を含む傷害を負わせた...(以下,この事件を「本件傷害事件」という。)。...本件傷害事件の後,柔道部副顧問のG教諭に問いただされたAは,階段から
判示要旨:市立中学校の柔道部の顧問である教諭が部員間のいじめの被害生徒に対し受診に際して医師に自招事故による旨の虚偽の説明をするよう指示したこと等を理由とする停職6月の懲戒処分を違法とした原審の判断に違法があるとされた事例
懲役10年
令和2年 第11号,第18号,第48号 被告人Tに対する傷害,監禁,殺人,...道路交通法違反,被告人Yに対する傷害,監禁,殺人各被告事件...1 下記第1の犯行(カラオケ店等における傷害)に至る経緯
棄却
本件事故により避難等を余儀なくされたため,傷害を負い,治療を要
破棄
判示要旨:民間企業が自社製品の開発研究に関しその分野を専門とする国立大学教授と個人契約を結んで技術指導を仰ぎ対価(技術指導料)を支払うのと並行して、開発研究に関連する実験が大学との共同研究として実施され、個人契約に基づく技術指導も研究期間中は実験の計画策定や準備・実行等が主であったという事実関係において、大学教授がその職務として学生らのために指導する実験により民間企業もまた企業目的に資する有益なデータを得ていたことなどから、技術指導料は大学教授の職務である実験に関する指導に対する対価を含むなどとしてこれに賄賂性を認め、技術指導料の支払を決裁するなどした民間企業の役員らに贈賄罪の成立を認めた原判決に対し、控訴審判決は、大学教授の実験に関する指導には、大学教授の職務である学生らに対する指導と個人契約に基づく民間企業に対する私的な指導とが併存していたとみるのが自然であるとして、技術指導料と職務との対価関係に疑問を呈するとともに、仮にいわゆる職務密接関連行為の理論によるなどしてその対価性が認められるとしても、大学教授をはじめとする研究職公務員の職務の特殊性に鑑みれば、実体のある職務外活動に関し適法な趣旨で供与された金員についてそのような対価関係のみで直ちに賄賂すなわち不正な報酬と認めるのは相当ではなく、賄賂であることを認定するには報酬の不正さを基礎付ける事情が対価性とは別に認められることが必要であると解されるとした上で、本件においてそのような事情は見当たらないとし、技術指導料の賄賂性を否定して、被告人らを無罪とした。
懲役7年
破裂の傷害を負わせ,同日午後11時35分頃,三重県四日市市de番地f所在の...g病院において,同人を同傷害に基づく出血性ショックにより死亡させ,被害車両...の助手席に同乗していたB(当時58歳)に多発外傷の傷害を負わせ,同日午後1
却下
厚生労働大臣は,原子爆弾の傷害作用に起因して負傷し,又は疾病にかか...当該負傷又は疾病が原子爆弾の傷害作用に起因する旨の厚生労働大臣の...射線以外の原子爆弾の傷害作用に起因するものであって,その者の治癒能力
棄却
室からは,園での虐待は傷害罪の可能性があり,警察による立入り
控訴を棄却
判示要旨:覚醒剤約965グラムを国際スピード郵便物の中に隠し入れて輸入し、クリーン・コントロールド・デリバリー捜査により検挙された覚醒剤の営利目的輸入等の事案において、関係者との通信履歴等から被告人に在中物が覚醒剤であることの認識を認定した原判決(裁判員裁判)の判断が是認された事例
控訴を棄却
判示要旨:市の職員(技監)の被告人が、土木建築業者と共謀の上、その業者に対し、市が発注する工事2件の条件付一般競争入札の入札に関する秘密に当たる設計金額を教示し、不正に落札させたという入札談合等関与行為防止法違反、公契約関係競売入札妨害の事案において、設計金額を業者に教示したのは被告人ではないなどとする事実誤認の主張を斥け、控訴を棄却した事例
無罪
及び同第二大臼歯歯質損傷の傷害を負わせたものである。」という傷害の事案であ...約1か月間を要する右下第一大臼歯及び同第二大臼歯歯質損傷の傷害を負わせたも...のである。」という業務上過失傷害の事案である。
即時抗告を棄却
砒素中毒の傷害を負わせた殺人,殺人未遂事件(以下「カレー毒物混入事件」とい
棄却
判示要旨:申立人の記名のみがあり署名押印がいずれもない申立書による特別抗告の申立てが無効とされた事例
禁錮3年,執行猶予
腫脹等の傷害を,前記Aに加療約11日間を要する見込みの頭頂部挫創の傷害をそれ
懲役16年
傷害,傷害致死,暴行,強要...が,その余の暴行は加えておらず,傷害を負わせたこともない旨供述し(判示第...Bの傷害
無罪,罰金100万円
判示要旨:覚せい剤入りの郵便物を日本国内で受領し、更にこれを所持したという覚せい剤取締法違反・関税法違反被告事件において、被告人の覚せい剤についての故意を否定し、無許可の輸入の限度での関税法違反の成立を認め、覚せい剤の所持について無罪とした事例。
棄却
傷害を伴い又行動自体が制限されているという点で避難生活の方が精神的苦痛は小
懲役5年
緊張性気胸等の傷害を負わせ,死亡させたという事案である(なお,前記速度での
判示要旨:カーブ進入時の被告人車両の速度である時速99kmから112kmはカーブでの限界旋回速度を超えていたとまでは認められないものの、「進行を制御することが困難な高速度」(自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律2条2号)に該当するとして、カーブで対向車線に自車を進出させて対向車両に衝突させ、その運転者を死亡させた被告人の行為につき危険運転致死罪の成立を認めた原判決の判断が是認された事例
判示要旨:被告人が、意思疎通ができないと自己が考える障害者を多数殺害する目的で、障害者施設に侵入し、施設利用者43名を刃物で突き刺すなどし、うち19名を死亡させ、うち24名に傷害を負わせるとともに、その際、施設職員5名を拘束し、一部の職員には傷害を負わせた建造物侵入、殺人、殺人未遂、逮捕致傷、逮捕、銃砲刀剣類所持等取締法違反の事案について、犯行時の被告人が完全責任能力を有していたことを認め、被告人を死刑に処した事例。
控訴を棄却
傷害致死被告事件...人に急性硬膜下血腫,くも膜下出血及び左右多発性眼底出血等の傷害を負...わせ,よって,同月15日午後2時47分頃,病院において,前記傷害に
23671 件中 6/474 ぺージ
◀前    次▶
2 3 4 5 6 7 8 9 10

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in