裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62405 
刑事22074民事40331
傷害
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
傷害の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
傷害を犯した場合、 9.5%の確率で無罪、
90.5%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
117
50
26
111
84
11
6
3641 件中 8/73 ぺージ
◀前    次▶
4 5 6 7 8 9 10 11 12
懲役28年
額部挫創,歯槽骨骨折,歯の脱臼,両手打撲等の傷害を負わせたにとどまり,...機は余りにも自己中心的で身勝手というほかない。被告人は過去にも女性に傷害を
判示要旨:被告人が、元妻の母親を殺害し、元妻に重傷を負わせた上、元妻が監護する1歳8か月の実子を連れ去るなどした住居侵入、殺人、殺人未遂、銃砲刀剣類所持等取締法違反、未成年者略取の事案について、被告人に懲役28年を言い渡した事例
どし,よって,同人に肋骨多発骨折及び頭部・顔面挫裂傷等の傷害を負わせ,...前記Aに傷害を負わせる交通事故を起こし,もって自己の運転に起因して人に...傷害を負わせたのに,同所に自車を放置したまま立ち去り,同人を救護する等
判示要旨:運転経験がないのに普通乗用自動車を運転し、被害者運転の自転車との衝突事故を起こし、被害者を死亡させたという未熟運転致死等の事案について、悪質な事案ではあるものの、その目的や犯行に至る経緯からすれば、故意の犯罪行為により人を死亡させた事案の中では反社会性が強いとまでは評価できず、被告人の年齢、非行歴、反省の程度、被告人の負った手続的負担も考慮して保護許容性を認め、保護可能性の存在も明らかであるとして、事件を家庭裁判所に移送する旨決定した事案(裁判員裁判実施事件)
懲役8年
上記両名に対する各建造物侵入,窃盗,傷害致死被告事件について,当裁判所は,...ルコール飲料等を飲ませ,よって,致死性不整脈等の薬物中毒の傷害を負わ...おいて,前記Dを前記傷害に基づく多臓器不全により死亡させ
判示要旨:被告人両名が、共謀の上、ひったくり及び複数回の侵入盗をしたほか、知人である被害者に対して、複数の薬物を多量に混入したアルコール飲料等を飲ませて死亡させた傷害致死等被告事件において、被告人両名にいずれも懲役8年を言い渡した事例
棄却
本会内で暴行,傷害,窃盗,横領など,刑法その他の刑罰法規に違
棄却
右前腕部筋筋膜炎の 傷害を負い,次のとおり通院治療を余儀なくさ れ
件著作物 2・13 頁 5 行目)と傷害を仄めかして脅し...件著作物 2・13 頁 5 行目)と傷害を仄めかして脅し
棄却
下腿腓骨 骨折の 傷害 を負った と主張 し , 被告 A及 び 同人 を指 導監督す べき...左下腿脛骨及び左下腿腓骨骨折の傷害を負った。...のように して原 告に 傷害結果 が発生 する ことまで 予見す るこ とは 不 可
懲役22年
しかし,Fは,9月27日の夜に,被告人から傷害致死事件を起こしたことがあ
懲役8年
意があったかどうか,②判示第3の傷害致死について,被告人Bが,本件橋の中...れるものとなり,結局,傷害致死罪の成立を免れない。...判示第3の傷害致死は,真冬の明け方に,被害者を約5.8メートルの高さから
判示要旨:被告人両名が、暗黙のうちに意思を相通じ、橋の欄干外側の土台部分にしゃがみ込んで両手で欄干をつかんでいた被害者に対し、順次、その手を離させて友人2名の手を握らせた後、うち1名の腕を強く押し、それぞれ握った手を離させて被害者を約5.8メートル下方の川に落下させ、溺死させるなどした事案において、被害者の行為を利用した暴行に当たることなどを認定した上、被告人両名にそれぞれ懲役8年を言い渡した事例
控訴を棄却
死亡させ,B及びCに傷害を負わせたとして,平成25年法律第86号による改正...Bに加療16日間を要する左手関節捻挫等の傷害を負わせた。」というものである。...や傷害等に準じた重い刑罰に見合った「極めて危険かつ悪質なもの」に処罰範囲を
判示要旨:「人又は車の通行を妨害する目的」(平成25年法律第86号による改正前の刑法208条の2第2項前段)があるとされる場合
取り消す
動車運転過失傷害の被疑事実により逮捕された。そして,控訴人は,...反,自動車運転過失傷害被告事件)において,懲役1年執行猶予3年...突させ,その運転者に加療約2週間を要する傷害を負わせたのみなら
た。被験者は,全て数年間傷害に苦しんでおり,処置の前に大きな問題を経験して
懲役23年
及び多発肋骨骨折等の傷害を,同人運転車両同乗者O(当時44歳)に胸部大...動脈離断及び多発肋骨骨折等の傷害を,同車両同乗者P(当時12歳)に加療...期間不明のびまん性軸索損傷及び頭蓋底骨折等の傷害を,Mに脳挫傷及び外傷
判示要旨:被告人両名が、2台の自動車で赤色信号の交差点に進入して先行車両が被害車両に衝突するなどした危険運転致死傷、道路交通法違反の事案について、①赤色信号の殊更無視、②危険運転の共謀、③後行車両の運転者の救護・報告義務違反の故意の有無が争われたが、①信号の視認状況や走行状況等から、被告人両名が赤色信号を殊更無視したことを認定し、②被告人両名が互いの自動車の走行状況を認識して速度を競うように高速度で走行していたとして危険運転の共謀を認め、③共謀が成立することから後行車両の運転者に救護・報告義務違反の故意を認めた事例
懲役4年
同所において,火傷死させ,C(当時65歳)に脳挫傷の傷害を負わせ,その...頃,同所において,同傷害により死亡させるとともに,A運転車両に同乗して...の傷害を,D(当時50歳)に加療約10日間を要する頭部打撲等の傷害を,
判示要旨:被告人が、高速道路上でトラックを運転中、連続した長時間勤務による過労のため仮睡状態に陥り、トンネル内で渋滞のため停止中の車両に次々と衝突し、複数の車両を炎上させるなどして、被害者2名を死亡させ、被害者8名に傷害を負わせた過失運転致死傷等被告事件において、被告人に懲役4年を言い渡した事例
懲役5年
運転中, 記のとおり, 記Aに傷害を負わせる交通事故を起こし,
判示要旨:普通乗用自動車を飲酒運転中の被告人が、過失により被害者に同車を衝突させた後、そのままその場を離れて警察に出頭するまで別の場所で過ごした行為につき、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律4条の「アルコールの影響の有無又は程度が発覚することを免れる目的」があったとされ、同条の過失運転致死アルコール等影響発覚免脱にあたるとされた事案
却下
者として被爆者健康手帳の交付を現に受けている原告らが,原子爆弾の傷害作用に...という。)11条1項に基づき,当該負傷又は疾病が原子爆弾の傷害作用に起因す...は疾病が原子爆弾の傷害作用に起因する旨の厚生労働大臣の認定(以下「原爆症認
判示要旨:1 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律11条1項の規定による原爆症認定の各申請を却下する旨の処分の全部又は一部が違法であるとして取り消された事例 2 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律11条1項に基づく原爆症認定の各申請を却下する処分の全部が適法であるとされた事例
懲役2年6月
打撲の傷害を負わせ...件に及び,うち1件の被害者に傷害を負わせた。その犯行態様等をみると,いず
懲役1年10月
こからDNAサンプル採取をすること自体は,なんら被告人の身体に傷害を負...そして,原判決は,その理由を,本件捜査方法は「なんら被告人の身体に傷害...自体は,なんら被告人の身体に傷害を負わせるようなものではなく,強制力を
判示要旨:警察官らが、相手が警察官であることを認識していない被告人に対し、そのDNA型検査の資料を得るため、紙コップを手渡してお茶を飲むように勧め、そのまま廃棄されるものと考えた被告人から同コップを回収し、唾液を採取した行為につき、強制処分に該当し、違法であるとされた上、同行為及びこれに引き続く一連の手続には重大な違法があるなどとして、逮捕後に任意提出された口腔内細胞のDNA型鑑定に関する鑑定書の証拠能力が否定された事例
棄却
殺人,傷害,暴行,脅迫,強盗,窃盗,横領その他重大な刑事犯
判示要旨:認可保育所を運営する社会福祉法人の元理事長兼保育所園長が自ら経営する書店と取引をしたことや保育所運営費を不正に流用したことなどについて、委任契約上の債務不履行又は不法行為に基づく損害賠償責任を認めるとともに、これを理由とする懲戒解雇についても有効と認めた事例
破棄
窃盗),傷害,窃盗,覚せい剤取締...1,2),覚せい剤取締法違反1件(同第4)及び傷害1件(同第5)との併合
判示要旨:1 検察官から実質証拠として取調べ請求がされた被告人の自白を内容とする取調べ状況の録音録画記録媒体について、取調べの必要性を否定して請求を却下した原審の証拠決定が、裁判所の合理的な裁量を逸脱したものとは認められないとされた事例 2 控訴審において検察官が取調べ請求をした被告人から弁護人を介し共犯者に授受された手紙について、刑訴法382条の2第1項の「やむを得ない事由」があるとされた事例
懲役9年
頭部切創,右眼窩上部切創,頤部切創等の傷害を負わせ,さらに,同人が死亡する
取り消す
傷害,催涙ガス等による集会の妨害,自警団による襲撃などの迫害を受け
傷害を負ったり物的損傷を受けるおそれがあります。 ,...傷害を負ったり物的損傷を受けるお
上告を棄却
住居侵入,殺人,窃盗,傷害,脅迫被告事件...たり,それぞれ顔面等を殴打するなどして傷害を負わせ,(2)異変に気付いた家族
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(長崎ストーカー殺人事件)
上告を棄却
し,183名が傷害を負うという本件事故が発生した。
判示要旨:花火大会が実施された公園と最寄り駅とを結ぶ歩道橋で多数の参集者が折り重なって転倒して死傷者が発生した事故について、警察署副署長に同署地域官との業務上過失致死傷罪の共同正犯は成立しないとされた事例
却下
被爆者援護法10条1項は,厚生労働大臣は,原子爆弾の傷害作用に起...けようとする者は,あらかじめ,当該負傷又は疾病が原子爆弾の傷害作用...は,当該負傷又は疾病が原子爆弾の傷害作用に起因すること又は起因しな
判示要旨:前立腺がんに罹患している原子爆弾被爆者について、経過観察的待機療法が選択されていても現に医療を要する状態にあると認められるとして、原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律11条1項の認定の申請を却下した厚生労働大臣の処分が違法であるとされた事例
控訴を棄却
て相手に傷害を負わせた別件傷害被告事件の公判において,嫌なことが重なりイラ...の,平成24年7月には傷害罪で懲役1年,執行猶予4年に処せられ,社会内での
判示要旨:薬事法(平成25年法律第84号による改正前のもの)2条14項に規定する指定薬物を所持する罪の故意が認められる場合
上告を棄却
傷害,殺人,殺人未遂,未成年者略取,銃砲刀剣類...殴打するなどの暴行を加えて全治約1か月を要する傷害を負わせ,(2)実家に戻っ...る右肺損傷等の傷害を負わせるにとどまり殺害の目的を遂げず,②Bを自動車に乗
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(元少年石巻殺傷事件)
懲役6年
を差し出し,これをAが受け取り,同人と傷害の限度で共謀の上,Aが,被...し,同人に被害者を切り付けるよう指示し,結局,これを承諾したBと傷害...被害者の前額部に生じた表皮剥脱,挫創の傷害の部位や形状,その発生の
無罪
か2名の傷害結果と同過失との因果関係はなく,被告人b及び同cについては過失...状態を維持することができ,溺死や溺水による傷害を防ぐことができる蓋然...河床や河川内の岩石等に接触することなどにより軽微な傷害結果を負うこと
却下
り,右足首を強打し,右脛腓骨開放性粉砕骨折の傷害(本件傷病)を
判示要旨:右脛腓骨開放性粉砕骨折の負傷による傷病により厚生年金保険法所定の障害厚生年金の支給を受けていた者に対してされた、その障害の状態が障害等級3級に該当しなくなったとして同年金の支給を停止した処分が違法とされた事例
控訴を棄却
骨折の傷害を負い,保険医療機関及び保険薬局において療養の給付を受けたと...備えを任意に委ねることに問題がある旨主張するが,民間の役員傷害保険制
判示要旨:1 健康保険の被保険者である会社の代表者が負傷に関して療養の給付を受けた場合において、代表者に対してされた療養の給付の不支給決定に裁量逸脱の違法があるとはいえないとされた事例 2 健康保険法1条(平成25年法律第26号による改正前のもの)が法人の代表者等の業務上の事由による負傷等を保険給付の対象としていないことと憲法14条及び25条
棄却
観客に硬式球であるボールが衝突した場合には,当該観客が重大な傷害...ファウルボールが観客に衝突する事故の発生頻度や傷害の程度等に関する情...報を保有し得る立場にあり(甲39,乙イ65,乙ハ1ないし5),ある程度の幅をもって賠償額を予測することは困難ではなく,損害保険又は傷害保
禁錮4年6月
に全治不明の全身熱傷の傷害を負わせたものである。
方法,及びトラウマ(trauma)または傷害(insult)の結果として虚血状態となった臓...器の再灌流傷害(injury)を予防する方法に関するもの」である。そして,審決が根...一方,刊行物1の「外傷,傷害,又は出血性のショックの結果としての腎臓,肝
棄却
反により業務中に右肩に傷害を負ったと主張して,雇用契約上の債務不履行...原告が負った傷害(以下「本件傷害」という。...上記(1)の安全配慮義務違反(債務不履行又は過失)と本件傷害との相当
棄却
の夜には,市職員2名が酒に酔って暴行事件及び傷害事件を起こし,それ...局の職員が飲酒のうえ同僚職員に傷害を負わせ逮捕されるという2つ...しかし,同年4月11日には,市民局係長による飲酒の上での傷害事件が
棄却
しては傷害を負わせたにとどまり,殺害するに至らなかったというものであ
判示要旨:北海道庁に時限式消火器爆弾を設置して爆発させ、2名を殺害し81名を負傷させたとして、爆発物取締罰則違反、殺人、殺人未遂罪により死刑判決を受けた受刑者からの再審請求について、新たに提出された証拠には明白性が認められないとして、これを棄却した事例(道庁爆破事件第2次再審請求)
棄却
間には違法薬物11件,傷害・暴行等29件,窃盗32件等の重大事犯...法薬物,傷害・暴行,窃盗,殺人未遂等の犯罪行為にまで及んでいたの
棄却
本件は,平成25年8月11日に,訴外Aに暴行を加え,傷害を負わせたと...の傷害事件の被疑者として警察官から取調べを受けた原告が,同事件の捜査を...D警察署は,傷害事件(以下「本件傷害事件」という。
判示要旨:傷害事件の被疑者として警察官から複数回の取調べを受けるなどした原告が、同事件の捜査を担当した警察官らについて、恫喝的・脅迫的な取調べや、原告の尊厳を著しく害する取調べを行った上、承諾なしに所持品検査や写真撮影を行ったこと、取調べ状況報告書への押印を認めず指印を強要したこと、供述調書の記載内容の追加申出に応じなかったこと、逮捕されていないのに、身柄引請書の作成を求めて逮捕をほのめかすことなどの数多くの違法な捜査を行ったと主張して損害賠償の支払を求めた事案について、警察官の原告に対する取調べにおいて、社会通念上相当な方法及び限度を超える態様での取調べがあったこと、取調べ状況報告書への押印を認めずに指印させたこと、供述調書の記載内容の追加申出に応じなかったことが違法であるとして、請求の一部を認容した事例
上告を棄却
平成27年(あ)第703号 傷害,傷害致死被告事件...第1暴行と第2暴行は,そのいずれもが被害者の急性硬膜下血腫の傷害を発生さ...せることが可能なものであるが,被害者の急性硬膜下血腫の傷害が第1暴行と第2
判示要旨:1 同時傷害の特例を定めた刑法207条の法意 2 共犯関係にない二人以上の暴行による傷害致死の事案においていずれかの暴行と死亡との間の因果関係が肯定された場合と刑法207条の適用の可否
無罪
傷害被告事件...傷害を負わせた。」というものである。...なかった。被害生徒は,同年10月初旬,剣道部の同級生に対する傷害事
判示要旨:私立高校の剣道部顧問であった被告人が同校の剣道部員であった被害者に対して暴行を加えて傷害を負わせたという傷害被告事件について、被害者の証言自体に信用性を揺るがす不自然、不合理な点があり、被害者の証言を裏付ける証拠も被害者の証言の信用性を担保するだけの証明力を持たないとして、被告人に無罪を言い渡した事例
破棄
前輪で同人の頭顔部を轢過し,よって,同人に頭蓋骨粉砕骨折を伴う脳破裂の傷害
判示要旨:自動車運転過失致死の公訴事実について防犯カメラの映像と整合しない走行態様を前提に被告人を有罪とした原判決に、審理不尽の違法、事実誤認の疑いがあるとされた事例
懲役3年
暴行を加え,よって,同人に加療約19日間を要する左頬部打撲,挫創の傷害を負...)を加えて,同人に傷害を負わせたことは争い...る危険性もあった。しかし,幸いにして,傷害の程度はそこまで重くない結果にと
判示要旨:被害者方に侵入して同人所有のノートパソコンを盗んだ被告人が、一旦窃盗現場から離れたものの、再び犯行現場付近に戻ってきた際に、窃盗被害を聞いて犯人を捜していた被害者の知人に発見されて逃走し、追跡してきた同人の顔面を左げん骨で2回殴る暴行を加えて傷害を負わせたのに対し、窃盗の機会を肯定して強盗致傷罪の成立を認めた事案。
懲役4年
イフを受け取り,被害者に対して殺意を有していたA及び傷害の限度でAと...共謀していたBとの間で,傷害の限度で共謀の上,その頃から同日午前2時...頸部切創,頸部刺切創及び前額部挫創の傷害を負わせ,よって,その頃から
とは,免疫細胞,例えば細胞傷害性T細胞,B細胞,またはマクロファー...賦活化された抗原特異的な細胞傷害性CD8 + T細胞によって認識され...提示される。これらの抗原は認識され,抗原提示細胞は細胞傷害性T細胞
上告を棄却
た際に負った傷害により後遺障害が残ったと主張して,被上告人に対し,本件車両...に係る自動車保険契約の搭乗者傷害特約(以下「本件特約」という。)に基づき,...身体に傷害を被り,入通院した場合に入通院保険金を支払い,また,上記傷害の結
判示要旨:老人デイサービスセンターの利用者が当該センターの送迎車から降車し着地する際に負傷したという事故が、当該送迎車に係る自動車保険契約の搭乗者傷害特約にいう当該送迎車の運行に起因するものとはいえないとされた事例
無罪
行を加えたことが認められれば暴行罪や傷害罪が成立し,これによって被害児...の死期を早めるなどしたのであれば,傷害致死罪が成立するので,念のため付
判示要旨:被告人が実子である生後2か月の乳児の頭部に衝撃を与える何らかの暴行を加えて死亡させたとされた傷害致死事件について、医学的な観点や死亡前日からの経過からすると、被告人にのみ犯行可能性のある公訴事実記載の日時以前の時点で既に死因となる損傷に至る受傷をしていた可能性が否定できないとして、無罪が言い渡された事例(裁判員裁判実施事件)
控訴を棄却
ていた控訴人が,普通乗用自動車を運転中に歩行者が傷害を負う交通事故が発
判示要旨:横断歩道を通過中の自動車が同横断歩道を走って通行していた歩行者と接触した交通事故が道路交通法施行令別表第2の3の表の適用に関し専ら道路交通法38条1項後段の義務に違反した自動車の運転者の不注意によって発生したものに当たるとしてされた運転免許取消処分が適法とされた事例
懲役23年
平成17年7月上旬,Mを被保険者とする普通傷害保険契約の保険会社であ...保険会社とし,Mを被保険者とする普通傷害保険契約につき,真実は被告人ら...びJについては傷害の犯意で),当時O家で預かっていた少女の胸をPが触っ
3641 件中 8/73 ぺージ
◀前    次▶
4 5 6 7 8 9 10 11 12

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in