裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:63043 
刑事22190民事40853
傷害
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
傷害の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
傷害を犯した場合、 9.4%の確率で無罪、
90.6%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
121
51
26
116
86
12
6
3713 件中 1/75 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
棄却
らが主張するような暴行,傷害にまで達する態様で使用することまで予見す
死刑
(無免許),業務上過失傷害の罪で執行猶予付き懲役刑の判決を受け,その
棄却
膜傷害を有する場合には20mgを1日2回,さらに8週間投与できる,というも...ただし,20mg1日2回投与は重度の粘膜傷害を有する場合に限る。...患者の治療期の用法・用量には,重度の粘膜傷害時には1回20mgを1日2回投
却下
有毛細胞に傷害を与えることによって,聴力の低下(難聴)を引き起こす。
却下
有毛細胞に傷害を与えることによって,聴力の低下(難聴)を引き起こす。
に何らかの傷害を与えることは当業者でなくても容易に想い至ることで
懲役1年6月
Cに胸部下行大動脈不全離断等の傷害を負わせ,同日午前9時35分頃,同...県郡山市f丁目g番h号E病院において,Cを前記傷害に基づく胸部大動脈損...Dに多発肋骨骨折,多発肺破裂及び心破裂等の傷害を負わせ,同日午前11
棄却
傷害慰謝料...リンパ管腔内の内皮細胞を物理的・化学的な炎症作用で傷害し,その修復
懲役6年
暴行等により,同人に加療約1週間を要する頭部・顔面打撲傷等の傷害を負わせ...(以下「バッグ」という。)を強取し,Fに判示の傷害を負わせたことは明らかに...に際し,Fの傷害の程度が比較的軽いものにとどまったことや,Eが取り押さえら
判示要旨:被告人が、共犯者と共謀の上、知人を通じて呼び出した被害者の背後からいきなり両腕を回して抱き付き、床に投げ倒して転倒させ、頭部及び顔面を多数回殴る蹴るなどして、現金在中のバッグ1個を奪い、傷害を負わせた強盗致傷及び100万円の持続化給付金詐欺の事案について、懲役6年を言い渡した事例(裁判員裁判)
,執行猶予
骨貫通を伴う創傷の傷害を負わせ,よって,同シカを死に至らしめ,もってその
と等を原因とする傷害・物損等が発生するおそれがあるという問題点があっ
却下
反復持続するために網膜細小血管が傷害され,網膜や硝子体に多彩な病...神経の周りの血管も傷害されるため,
却下
「傷害」 「障害」...原判決72頁25行目から26行目にかけての「広島原爆傷害対策協議会
却下
「傷害」 「障害」...原判決72頁25行目から26行目にかけての「広島原爆傷害対策協議会
懲役5年
際,前記暴行等により,同人に加療約1週間を要する頭部・顔面打撲傷等の傷害...に際し,強盗傷人に関し,被害者の傷害の程度が比較的軽いものにとどまったこと...なし,(処断罪と同一又は同種の罪の件数)1件,(傷害の程度)2週間以内)の
判示要旨:被告人が、共犯者と共謀の上、①知人を通じて呼び出した被害者の背後からいきなり両腕を回して抱き付き、床に投げ倒して転倒させ、頭部及び顔面を多数回殴る蹴るなどして、現金在中のバッグ1個を奪い、傷害を負わせた強盗傷人及び②100万円の持続化給付金詐欺の事案について、懲役5年を言い渡した事例(裁判員裁判)
控訴を棄却
部等に傷害を負うなどしていたのであるから,5月31日頃には,同児の生
判示要旨:必要な食事を与えられず栄養状態が悪化し、かつ頭部等に傷害を負うなどして要保護状況に陥った長女(当時2歳)に対し、交際男性と共謀の上、生存に必要な食事を与えず、かつ生存に必要な医師による治療等の医療措置を受けさせずに放置して衰弱死させたとして、保護責任者遺棄致死罪の成立を認めた原判決について、訴訟手続の法令違反や事実誤認の主張を排斥し、控訴を棄却した事例。
控訴を棄却
被害児に傷害を負わせたことにより,...傷害事件に関する事実誤認の主張について...頭部皮下出血等の傷害のほか,
判示要旨:被害児(当時2歳)の頭部に暴行を加えて傷害を負わせ、さらに、必要な食事を与えられず栄養状態が悪化し、上記傷害を負うなどして要保護状況に陥った被害児に対し、同児の母親と共謀の上、生存に必要な食事を与えず、かつ医師による治療等の医療措置を受けさせずに放置して衰弱死させたとして、傷害罪及び保護責任者遺棄致死罪の成立を認めた原判決について、事実誤認の主張を排斥し、控訴を棄却した事例。
傷害慰謝料及び後遺障害慰謝料...傷害慰謝料...傷害慰謝料及び後遺障害慰謝料医師と患者の立場に互換性がないことは慰謝料増額の根拠とはなら
棄却
放射線が通っても生体に傷害を与えることとなる。...傷害という。晩発傷害は,被ばく者全てに現れるものではなく,一定の確...,例えば,傷害事件に係る不法行為に基づく慰謝料額の認定に当たっ
棄却
放射線が通っても生体に傷害を与えることとなる。...傷害という。晩発傷害は,被ばく者全てに現れるものではなく,一定の確...,例えば,傷害事件に係る不法行為に基づく慰謝料額の認定に当たっ
懲役6年
腹部刺創,外傷性肝損傷等の傷害を負わせたにとどまり,殺害するに至らなかった。...月間という傷害結果は十分に重い。加えて,被害者は,刺突行為の前に顔面を拳で
代表的なNK細胞抵抗性がん細胞であって,細胞傷害性T細胞の解析に...815細胞の組合せによる細胞傷害性アッセイが標準的な実験系であっ...L1相互作用によりT細胞の細胞傷害性活性機能自体が抑制されること
棄却
1胸椎圧迫骨折の傷害を負ったとして,被告に対し,運転士の過失に...て,本件傷害と本件事故の因果関係は認められる。...傷害慰謝料
無期懲役
を要する左肋骨骨折等の傷害を負わせた...損傷,咽頭・喉頭損傷等の傷害を負わせ,よって,その頃,同所において,
控訴を棄却
傷害,傷害致死,暴行,強要被告事件...傷害を負わせ(被害児に対する傷害。原判示第3),...より死亡させた(被害児に対する傷害致死。原判示第6),
懲役8年6月
同人に頭蓋骨骨折,くも膜下出血等の傷害を負わせ,その頃,同所に至るまでの間...において,同人を前記傷害に基づく外傷性ショックにより死亡させた。
無期懲役
行為によって生じている。しかしながら,F医師は,第1行為によって傷害を負っ...に組み込まれていた上,第1行為によって被害者が重篤な傷害を負って抵抗等がで
取り消す
傷害保険料等が上昇したものの,4月から公立高等学校の授業料無償化
判示要旨:生活扶助の基準生活費の減額をその内容に含む生活保護法による保護の基準(昭和38年厚生省告示第158号)の改定が生活保護法3条及び8条2項の規定に違反するとされた事例
取り消す
傷害保険料等が上昇したものの,4月から公立高等学校の授業料無償化
判示要旨:生活扶助の基準生活費の減額をその内容に含む生活保護法による保護の基準(昭和38年厚生省告示第158号)の改定が生活保護法3条及び8条2項の規定に違反するとされた事例
懲役7年
よって,同人の着衣等に燃え広がらせて全身熱傷等の傷害を負わせ,同日午前5時...51分頃,札幌市f区g条h丁目所在のB病院において,同人を前記傷害に基づく...本件は傷害致死の事案であり,被害者が亡くなるという取り返しのつかない誠
判示要旨:被告人が、深夜、酔って帰宅した内縁の夫である被害者に対し、その言動等に立腹して、ガスバーナーの炎を顔に向けて近づけてその髪の毛等に着火させ、よって、被害者の着衣などに燃え広がらせ、全身熱傷等の傷害を負わせて死亡させた、という傷害致死の事案で、被告人に対し懲役7年の刑を言い渡した事例。
控訴を棄却
タクシーの乗客4名中3名を死亡させ,1名に加療期間不詳の傷害を負...害・傷害致死に準じた重い法定刑で処罰しようと定められた罰則強化...傷害を負わせたという過失運転致死傷の事案である。
懲役3年
要する右耳介,右頬部から右下顎部にかけての打撲等の傷害を負わせた。...する左右耳介部打撲等の傷害を負わせた。...よって,同人に全治約1か月間を要する外傷性胃破裂等の傷害を負わせた。
懲役6年
考え難い」と説示した。しかし,被告人は,被害者による先行傷害事件...高く,また,先行傷害事件の翌日から本件当日まで,精神的負担を和ら...的な対処方法であったとはいえないこと,③被害者から,先行傷害事件の
懲役24年
殺人,殺人未遂,傷害被告事件...被告人は,傷害罪のほか,Aに対する殺人罪,B,C,D及びEに対する各殺人...う。)。第1事故により,Aは胸部下行大動脈完全離断等の傷害を負い,同日午後
判示要旨:自動車を運転する予定の者に対し、ひそかに睡眠導入剤を摂取させ運転を仕向けて交通事故を引き起こさせ、事故の相手方に傷害を負わせたという殺人未遂被告事件について、事故の相手方に対する殺意を認めた第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
控訴を棄却
にわたり監禁して,その際,同人に全治約2週間を要する傷害を負わせたというも...dを意図的に殺害するのでなくとも,事情聴取が不能となるような傷害(死亡を含...約10日間の傷害を負わせたというものである。
判示要旨:被告人がXら配下の者を使い、殺人2件(Vc第2の2、Va第2)、生命身体加害略取・逮捕監禁1件(Vc第2の1)、同致死1件(Vd)、同致傷1件(Vc第1)、逮捕監禁2件(Va第1、Ve)、同致傷1件(Vb第2)に及んだとして起訴され、原判決(裁判員裁判)は、殺人1件(Va第2)以外は、被告人が首謀者として犯行を主導したと認定して、被告人を無期懲役に処し、Va第2事件については死亡原因が確定できないために無罪とし、検察官、被告人の双方が控訴した。控訴審判決において、①弁護人の訴訟手続の法令違反の主張及び事実誤認の主張に対し、原審の訴訟手続には違法はなく、原判決による間接事実等からの有罪認定に誤りがないなどと説示して論旨を排斥し、②㋐検察官の事実誤認の主張に対し、Vaが死亡に至った経緯を推測できる手掛かりはなく、Xにより殺害された以外の可能性を排斥することは困難である旨、㋑検察官の量刑不当の主張に対し、有罪となった殺人の事案は、これまでに殺害被害者1名で死刑に処された事案に類する悪質性や厳しく非難すべき事情があるとはいえず、死刑の選択がやむを得ないとはいえない旨などを説示し、原判決の判断を是認して検察官の論旨も排斥し、双方の控訴を棄却した事例
棄却
宮に著しい傷害を負った。さらに,本件医師が感染症対策を怠ったことに...及び子宮に著しい傷害を負い,さらに,本件医師が感染症対策を怠ったこと
判示要旨:妊娠していた5胎の胎児の一部を減胎する手術(減胎手術)について、執刀した医師が母体に対する危険防止のために経験上必要とされる最善の注意を尽くす義務に違反したとして、医療法人に対する損害賠償請求が認められた事例
細胞傷害性T細胞の増殖に対してほとんど又は全く影響を及ぼさないものである点...5)には,hIL-2-N88Rが,野生型IL-2と比較して,CD8+細胞傷害...CD8陽性の細胞傷害性T細胞の増殖に対してほ
棄却
あるとか,傷害等の事件に発展するおそれがあるなど,事件性が感じられる場...傷害等の事件に発展するおそれは見受けられず,...もに,傷害行為を推定させるような外形上の変化を認めなかったことから,
棄却
傷)の傷害を負い,これにより,以下のとおり合計147万0483円の損害を被っ...原告が本件事故により膝内障を負った事実は認められず,本件事故による傷害に対...害を負ったこと,上記傷害の治療のため,同年4月13日から同年9月1日にかけて
無罪
眼底出血の傷害を負わせたものである。」というものである。...検察官の主張する傷害結果発生の機序を疑わせる一事情となり得るし,このF医...がAの脳等に傷害を負わせたことを強く推認させる発言をした,⑥10月頃,夫
無期懲役
を伴う右側頭骨骨折,脳挫傷,硬膜下血腫等の傷害を負わせ,よって,平成27年...傷,硬膜下血腫等の傷害を負わせたこと,同人が,平成27年9月29日午後2時...弁護人は,前記傷害と死亡との因果関係についても争うが,証拠によれば,
禁錮3年
202日間を要する脳挫傷等の傷害を負わせるとともに,Aに脳挫傷等の...傷害を負わせ,同月31日午後6時18分頃,同市(住所省略)所在のd...病院において,Aを前記傷害に基づく低酸素脳症により死亡させた。
懲役7年
傷害,建造物侵入,人質による強要行為等の処罰に関...面挫傷等の傷害を負わせた。...手指(第3指・第4指)切創,左手部切創,後頚部切創の傷害を負わせた。
懲役9年
行を受けてその頭部等に傷害を負うなどしていたのであって,5月31日頃には,...皮下出血,顔面,左肩部,胸部上方の2度熱傷,後頭骨等線状骨折等の傷害を負っ...衰弱の程度を高めたと見られる傷害の多くを負っていたと認められることなどから
判示要旨:生存に必要な食事を与えられず、また、被告人の交際男性による暴行を受けて頭部等に傷害を負うなどして、その生存のため医師による医療措置等の保護を必要とする状況(要保護状況)に陥った長女(当時2歳)に対し、その保護を与えるべき責任があったにもかかわらず、前記交際男性と共謀の上、前記保護を与えずに同児を放置して衰弱死させたとして保護責任者遺棄致死罪に問われた被告人が、同児の死因は窒息死であり、同児は要保護状況になかったなどとして同罪の成立を争ったところ、被告人らは生存のため必要な保護を与えることなく同児を衰弱死させたと認定して、同罪の成立を認め、被告人を懲役9年に処した事例。
懲役1年6月,執行猶予
傷害,暴行被告事件...20日間を要する外傷性亜脱臼,外傷性歯牙破折,外傷性下唇裂傷の傷害を負...障害の後遺症を伴う脳実質損傷の傷害を負わせた(第3の事実)という事実を
懲役2年6月,執行猶予
約5日間を要する胸部打撲等の傷害を,前記Bに加療約19日間を要する肝損...傷の傷害を,前記Cに加療約10日間を要する胸部打撲傷等の傷害を,前記D...に加療約1週間を要する左肘打撲傷等の傷害を,前記Eに加療約1週間を要す
無罪
前輪で轢過し,よって,同人に大動脈断裂等の傷害を負わせ,同日午前3時...31分頃,同市内の某病院において,同人を前記傷害に基づく出血性ショッ...を運転中,前記のとおり,Xに傷害を負わせる交通事故を起こし,もって自
懲役2年6月
込みの上腹部打撲の傷害を負わせた。...害を負わせる交通事故を起こし,もって自己の運転に起因して人に傷害を負わせた...挫創等の傷害を,Dに加療約7日間を要する見込みの左手部打撲傷,右肘擦過傷の
懲役2年6月,執行猶予
を加え,よって,同人に加療約1週間を要する顔面打撲傷等の傷害を負わせた。...為の危険性は高い。しかし他方で,被害者が負った傷害の程度をみると,傷害罪全...えて,強要及び高速道路や自動車専用道路上での傷害ないし危険運転致傷等の事案
取り消す
ス蛋白(プロアテーゼ)を産生して,直接,心筋傷害や心筋細胞壊...イルス性心筋炎はウイルス感染による心筋細胞への直接傷害と,そ...なわち,ウイルス感染による心筋細胞の直接的な傷害が生じた場合,
判示要旨:本件は、被控訴人が控訴人に対し、被控訴人の配偶者は、①過重業務が原因で免疫力が低下し、その結果劇症型心筋炎を発症し、死亡した、②そうでなくとも、被控訴人の配偶者が過重業務により治療機会を喪失したために劇症型心筋炎を発症し、死亡したと主張して、業務起因性を認めずに療養補償給付等を不支給とした労働基準監督署長の決定の取消しを求めた事案につき、①については、過重業務による免疫力の低下が心筋炎を発症させるウイルス感染を生じさせた事情の一つとなった可能性は否定できないが、その他の事実を総合すると、被控訴人の配偶者の免疫力が低下していたものとまでは認め難いし、その上、過重業務によりウイルス性心筋炎を発症し劇症化するとの経験則が存在するとも認めることもできないから、業務起因性が認められるとする主張は採用できないとし、②についても、そもそも治療機会を喪失したとは認められないし、より早い時期に治療が開始されたとしても、劇症型心筋炎の発症を防ぎ得たと認めることはできないから、業務起因性が認められるとする主張は採用できないとして、業務起因性を認めて上記労働基準監督署長の不支給決定を取り消した原審判決を取り消した事案である。
3713 件中 1/75 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in