裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62749 
刑事22139民事40610
法律
借家法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
107 件中 2/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
上告を棄却
 所論は、原判決が本件賃貸借契約について、催告を要せずして解除し得るという前点掲記の如き特約を無効と解すべきではない旨判示したことは、借家法並びに賃...る旨の特約をなしてもそれは借家法第六条の特約には当らず、従つて同条によつて
判示要旨:無催告解除の特約と借家法第六条。
上告を棄却
なく、これに借家法一条ノ二の適用を誤つた違法があるとはいえない。論旨は理由
判示要旨:借家法第一条の二の解約申入れに正当の事由があるとされた事例。
上告を棄却
これと異る原判決の判断を攻撃する。しかし、借家法一条一項の規定の趣旨は、賃... また、上告人が借家法三条の解約の申入による賃貸借の終了を主張したことは、
判示要旨:転貸許容の特約と借家法第一条第一項の適用。
上告を棄却
あるというのである。されば、本件建物の使用関係について借家法の適用がないと...相容れない事実を前提として本件建物の使用関係につき借家法の適用があると主張
判示要旨:一 炭鉱会社が社宅建築のため社員の個人名義で住宅金融公庫から建築資金の融通を受ける行為と公序良俗違反の有無 二 社宅の使用関係に借家法の適用がないとされた事例
上告を棄却
つたものといわなければならず、原判決が借家法一条の二の解釈を誤つた瑕疵は認
判示要旨:一 建物に改造建増がなされた場合に従前の建物の所有権が当然に該改造建増部分に及ぶとされた事例 二 借家法第一条の二所定の正当事由に基づく建物全部の明渡請求につき一部明渡を命ずべきか否かにつき審理しなくても違法でないとされた事例
上告を棄却
を具備したと判断したことは相当であつて、借家法一条の二の解釈を誤つた違法や
判示要旨:移転料の提供により借家法第一条の二にいわゆる正当の事由を具備したと認め引換給付の判決をしても違法ではないとされた事例。
上告を棄却
事実を前提として、原判決に所論借家法一条の二の解釈適用の誤りがあることをい
判示要旨:借家法第一条の二の正当の事由がないとされた事例。
上告を棄却
 借家法一条一項により、建物につき物権を取得した者に効力を及ぼすべき賃貸借...には、借家法一条一項を誤解した違法はなく、所論憲法一四条違反の主張も、その...実質は原判決の借家法一条に関する解釈が誤であることを主張するに帰するから、
判示要旨:賃料の前払と借家法第一条第一項の適用。
上告を棄却
判示要旨:借家法第一条ノ二の「正当事由」があるとされた事例。
上告を棄却
判示要旨:賃貸建物の腐朽損傷を修繕する必要が借家法第一条ノ二にいわゆる正当事由にあたらないとされた事例。
上告を棄却
なり、しかも、その解約申入については借家法一条ノ二により正当の事由のある場...が許されるものとしても、競落人は、少くとも借家法三条により六月間なお賃貸借
判示要旨:一 抵当権設定登記後の期間の定めのない建物の賃貸借と借家法第一条ノ二の適用 二 抵当権設定登記後の期間の定めのない建物の賃貸借の解約申入につき正当事由があるとされた事例 三 抵当権設定後の期間の定めのない賃貸借は抵当権者又は競落人に対抗しうるか。
上告を棄却
定事実関係から本件契約に借家法の適用なしとした原審の判断も首肯できる。
判示要旨:いわゆる社宅の使用料が公定賃料額に比べて低額であつたことからその使用関係に借家法の適用がないとされた事例
上告を棄却
判示要旨:造作買収請求権放棄の和解契約と借家法第六条
上告を棄却
から、借家法六条にいわゆる「前七条ノ規定ニ反スル特約」に当らない。それ故論
判示要旨:借家法第六条の特約に当らないとされた事例
上告を棄却
を否定した判断は相当であり、借家法云々の論旨は原審で主張判断のないところに...かかり採用できない。(のみならず借家法一条の場合は権限ある賃貸人から賃貸借
判示要旨:権限のない賃貸人から家屋を賃借した場合と借家法第一条適用の有無
上告を棄却
とでは、被上告人の本件解約の申入については借家法一条の二にいう「正当の事由」
判示要旨:一 家屋の明渡を求める調停の申立は当該家屋を目的とする賃貸借契約についての解約の申入の意思表示を含むか。 二 借家法第一条の二の「正当ノ事由」があるとされた事例。
上告を棄却
 借家法七条に基づく家賃増減の請求は形成的効力を有し、請求者の一方的意思表
判示要旨:一 借家法第七条に基づく賃料増減請求の効力。 二 統制額を越える家賃増額請求と地代家賃統制令第三条。
上告を棄却
雇を条件としても借家法六条にいわゆる賃借人に不利益なものとはいえないと解す
判示要旨:借家法第六条にいわゆる「賃借人に不利なるもの」にあたらない事例。
上告を棄却
し得ると判断したのは、民法六〇六条、借家法一条の二の解釈を誤つたもので、違
判示要旨:朽廃時期の迫つた賃貸家屋に対する大修繕の必要と借家法第一条ノ二にいわゆる正当事由。
棄却
人に対抗し得たのである。ところが、昭和一六年借家法が改正されて同法に第一条...ノ二の規定が追加され、借家法の適用を受ける期間の定めのない賃貸借は、その解... <要旨>当裁判所は、借家法の適用を受ける期間の定めのない賃貸借は、民法第六
判示要旨:借家法の適用を受ける期間の定めのない賃貸借と民法第三九五条の適用の有無
破棄
 借家法五条にいわゆる造作とは、建物に附加された物件で賃借人の所有に属し、...ある。それ故本件設備を借家法五条の造作と認めるためには、単にその設備が一般...造作に属することのみから、ただちにこれをもつて借家法五条にいわゆる造作と認
判示要旨:借家法第五条にいう造作にあたらない事例。
上告を棄却
 しかし、借家法七条による賃料増額の請求権は、いわゆる形成権たる性質を有す...日の判決は、借家法施行前のものであり、本件に適切でない。...公定賃料の支払を請求したこと、この支払請求は借家法七条による賃料増額の請求
判示要旨:借家法第一条による賃貸借の承継とその通知の要否。
上告を棄却
 しかし、借家法五条は、賃借人の債務不履行ないしその背信行為のため賃貸借が
判示要旨:一 債務不履行その他背信行為による賃貸借の解除と借家法第五条の適用の有無 二 物の引渡を求める訴訟において留置権の抗弁を認容する場合と判決主文
上告を棄却
 借家法七条に基く賃料増減請求権は、いわゆる形成権たるの性質を有するもので
判示要旨:借家法第七条に基く賃料増減請求の効力
上告を棄却
もとでは、被上告人の本件解約申入は借家法一条の二にいう「正当の事由ある場合」
判示要旨:借家法第一条ノ二にいう「正当ノ事由アル場合」にあたるとされた一事例
上告を棄却
 所論(一)は、原判決が有効と認定した本件賃貸借契約をもつて借家法一条の二、...ものでなく、従つて右期限を設定したからといつて直ちに借家法にいう借家人に不...て借家法に違反するところはない。そしてさらに原審は、本件賃貸借契約において
判示要旨:家屋賃貸借の期限付合意解約と借家法第六条
上告を棄却
と共に建物の譲受人の利益をも保護しているものである。他方、借家法第一条は、...はできない。この場合に借家法第一条の適用がないとすれば、建物の賃借人には、...建物から退去せざるを得ないような余りに酷な結果となり、借家法第一条を設けて
判示要旨:借地法第一〇条による買取請求権を行使した場合と借家法第一条の適用の有無
棄却
Aと控訴入間の本件賃貸借の目的物は借家法の適用を受ける建物ではない。同法に...貸借は借家法の保護を受ける建物の賃貸借ということはできない。三、仮にそうで...ないとしても本件賃貸借は借家法第八条にいわゆる一時使用のためのものであつ
判示要旨:建物の一部の賃貸借と借家法の適用
破棄
として、その解約申入に関しては借家法一条ノ二の適用を認めながら、上告人の本...ものと解するを妥当とし、従つてこれに賃貸借契約の解約申入に関する借家法一条...るというのであるが、かかる約定の存在は未だもつて借家法七条の適用を否定すべ
判示要旨:浴場用建物の賃貸借契約と浴場経営による営業利益の分配契約との混合契約と借家法の適用
上告を棄却
 借家法第五条は建物の賃貸借が賃貸期間の満了等通常の事由によつて消滅した場
判示要旨:債務不履行その他背信行為による賃貸借の解除と借家法第五条の適用の有無
上告を棄却
かかる事実関係の下においては借家法第一条の適用はなく、被上告人が賃貸人たる
判示要旨:借家法第一条第一項の適用のない一事例
上告を棄却
貸借については借家法一条の適用はないものと解するのが相当である。従つて右と
判示要旨:一 高等裁判所が上告審としてなした判決に対する再審と右再審事件の判決に対する上訴の許否 二 滞納処分による差押登記の後になされた建物の賃貸借と借家法第一条
控訴を棄却
の満了によつて、終了したものであつて、借家法第二条による法定更新は許されな... 民法第三百九十五条は、借家法の規定によつて、変更されたものでなく、又借家...ら、借家法の規定の範囲外に属し、その適用はない。
判示要旨:民法第三九五条と借家法第二条の関係
上告を棄却
は、借家法一条の二にいわゆる賃貸借の解約の申入を為すに正当の事由ある場合に
判示要旨:借家法第一条の二にいわゆる正当事由のある一事例
破棄
第一>かような社宅の賃貸借には借家法の適用がないことを前提として判断している...右社宅の賃貸借には当然借家法の適用があるものというべく、賃貸借の目的が社宅...い。借家法の各規定を検討しても、社宅の賃貸借であるが故に適用を排除するのが
判示要旨:一、 いわゆる社宅の賃貸借と借家法の適用の有無 二、 社宅の賃貸借における「従業員は退職と同時に賃借社宅を明け渡す」旨の特約の効力
上告を棄却
 借家法五条にいわゆる造作とは、建物に附加せられた物件で、賃借人の所有に属
判示要旨:一 建物の賃借人が借家権及び造作代又は造作権利増金の名義で賃貸人に交付した金員は賃貸借終了後その返還を求めうるか 二 借家法第五条にいわゆる造作の意義。
上告を棄却
 借家法第一条の二にいわゆる「正当の事由」とは、賃貸借当事者双方の利害関係
判示要旨:賃貸人の自己使用の必要と借家法第一条の二の「正当事由」の有無
上告を棄却
判示要旨:借家法第五条による造作買取代金債権は建物に関して生じた債権か
上告を棄却
囲において、他の職業を営み若しくは営まない者と対等に借家法の保護を受けるけ...れども、その職業の性質から借家法上当然他の職業を営む者に優位したり、もとよ...りそれよりも不利益な地位におかれるものではない。けれども借家法一条ノ二の正
判示要旨:一 賃貸借解約申入後の事情と借家法第一条ノ二にいわゆる「正当ノ事由」 二 医業を営む者の借家法上の地位
上告を棄却
判示要旨:一 建物賃貸借契約書に用いられた「永久貸与」という文言の解釈 二 借家法第一条ノ二にいわゆる正当の事由がある一事例
上告を棄却
告人の解約申入について借家法一条ノ二にいわゆる正当事由があるものとした原判
判示要旨:借家法第一条ノ二にいわゆる正当事由ある一事例
上告を棄却
 所論は原判決が、被上告人が為した本件建物の賃貸借契約の解約申入は借家法一
判示要旨:他人の賃借現住中の家屋の買受人が右家屋の一部明渡を求めるにつき借家法第一条ノ二にいわゆる正当事由がある一事例
上告を棄却
これを処分することが、唯一つの方策であることが認められる場合は、借家法一条の二にいわゆる正当の事由ある場合に該当すると認めなければならない。
判示要旨:一 賃貸借契約解約申入の正当事由の有無についての主張責任と借金等を支弁するため四棟の建物の賃貸借契約を解約する場合その正当事由を決するための建物の評価の要否 二 借家法第一条ノ二のいわゆる「正当事由」の一事例
上告を棄却
 借家法一条の二に規定する建物賃貸借解約申入の「正当事由」とは、賃貸借の当
判示要旨:借家法第一条ノ二にいわゆる「正当の事由」
控訴を棄却
 <要旨>しかるところ借家法において賃借人の利益のために保障せんとするところ
判示要旨:貸借人の有する営業上の場所的利益と借家法による保護
破棄
でも六ヶ月の期間をおいて解約することができたのであるが、借家法第一条の二は、...借家法第一条の二の解釈を誤つたか然らざれば理由不備の違法があるといわざるを
判示要旨:借家法第一条の二にいわゆる正当事由
棄却
判示要旨:借家法第一条の二の正当の事由のない例
上告を棄却
判示要旨:借家法第一条ノ二の正当事由の有無の判断に参酌し得べき借家人の同居者の居住
上告を棄却
判示要旨:賃貸人の自己使用の必要と借家法第一条ノ二の正当の事由
上告を棄却
 按するに借家法第一条ノ二に規定する建物賃貸借解約申入の「正当の事由」は賃
判示要旨:借家法第一条ノ二にいわゆる「正当の事由」
107 件中 2/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in