裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62480 
刑事22085民事40395
パチンコ店員強殺事件
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
22085 件中 4/442 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
破棄,罰金25万円
判示要旨:小型特殊自動車による牽引について、小型特殊自動車を「牽引自動車」と誤認して無免許運転(牽引免許を受けないで運転)に当たるとしてされた略式命令に対する非常上告
懲役27年
判示要旨:統合失調症と診断され中等度の知的障害もある被告人が、誰からも相手にされないと感じて自暴自棄となり人を殺すことを決意し、自宅を出て最初に見かけた通行人の後をつけて行き、バス停につくと包丁を取り出し、殺意をもって、被害者の左背部等を多数回突き刺すなどしたが、加療約1週間を要する傷害を負わせたにとどまり、さらにバス停付近ですれ違った別の被害者に対し、殺意をもってその腹部を包丁で1回突き刺して死亡させた事案において、弁護人が心神喪失又は心神耗弱を主張したが、完全責任能力を認定して懲役27年に処した事例
破棄,罰金30万円
判示要旨:伐採木を野焼きした廃棄物処理法違反の事案について、懲役と罰金を併科した一審判決を量刑不当により破棄し罰金刑に処した事例
上告を棄却
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(愛知の夫婦強盗殺人等事件)
破棄,罰金30万円
判示要旨:建材等を焼却した廃棄物処理法違反の事案について、規制目的外の延焼による公共の危険の発生を量刑要素として不当に重視した疑いがあるなどとして一審判決を量刑不当により破棄し罰金額を減額した事例
懲役6年
判示要旨:被告人が、共同住宅に火をつけ、その一部を焼損した現住建造物等放火罪の事案において、懲役6年に処した事例。
懲役18年
判示要旨:被告人が、別居中の妻である被害者から復縁や子の引渡しを拒絶されたことなどから、被害者の殺害を決意し、被告人方において、ハンマーで背部を殴打した上、ハウスバンドで頸部を絞めるなどして被害者を殺害し、その死体を遺棄した殺人、死体遺棄の事案。裁判所は、被告人が、強固な殺意に基づき、予め犯行計画を立てて、それを確実に実行したこと、被害者が息子を虐待しているのではないかという懸念を抱いていたのだとしても、殺人以外の選択肢は多数あったはずであり、そうした他の選択肢を選択せずに、殺人、死体遺棄という手段を選択した被告人の判断は厳しく非難されるべきであること、被害結果が重大であることなどからすれば、被告人の刑事責任は重く、本件は家族関係を動機として配偶者を殺害した殺人の事案の中では最も重い類型のものとして位置づけられるなどとして、被告人に対し、懲役18年を言い渡した。
上告を棄却
判示要旨:死刑の量刑が維持された事例(山口周南市連続殺人放火事件)
上告を棄却
判示要旨:被告人を死刑に処した裁判員裁判による第1審判決を量刑不当として破棄し無期懲役に処した原判決の量刑が維持された事例
棄却
判示要旨:鑑定等の新証拠が無罪を言い渡すべき明らかな証拠に当たるとして再審開始の決定をした原々決定及び結論においてこれを是認した原決定にはいずれも刑訴法435条6号の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
棄却
判示要旨:鑑定等の新証拠が無罪を言い渡すべき明らかな証拠に当たるとして再審開始の決定をした原々決定及び結論においてこれを是認した原決定にはいずれも刑訴法435条6号の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
懲役4年
判示要旨:被告人に対する現住建造物等放火の事案において、①火災の原因が被告人の放火行為によるものか、②仮に被告人の放火行為によるものとして被告人に完全責任能力があったかが争われたが、被告人による放火の実行行為と故意及び被告人の完全責任能力を認定し、懲役4年を言い渡した事案(裁判員裁判)
懲役8年6月,罰金300万円
判示要旨:被告人が、共犯者と共謀の上、営利の目的で覚せい剤を譲り渡すこと等を業としたとする麻薬特例法違反、覚せい剤取締法違反の事案において、懲役8年6月及び罰金300万円に処した事例
懲役4年6月
判示要旨:被告人両名が、共謀の上、被害者方に侵入し、現金在中の財布を窃取した窃盗等1件と、後日、同じ被害者方に侵入して刃物を突き付けるなどして被害者2名から現金を奪い、うち1名に傷害を負わせた強盗致傷等1件からなる事案。裁判所は、金銭を手に入れるために窃盗にとどまらず、安易に強盗を計画して実行するまでに至っている経緯に酌むべき点はないものの、被告人両名に被害者を負傷させる意図まではなく、被害金額が窃盗の分を合わせても多額とはいえないことなどから、本件が刃物を用いた侵入強盗致傷の共犯事案の中では中程度の重さに位置づけられること、強盗の実行役を担った被告人と情報提供を行った被告人との間に、量刑に差をつけるほどの責任の差はないこと、被告人両名について本件と併合罪の関係にある確定裁判があることなどを考慮し、被告人両名につき、それぞれ懲役4年6月を言い渡した。
破棄
判示要旨:交通反則告知書の受領を拒否したことにつき道路交通法130条2号に当たると解するのは信義に反するなどとして同号該当性を否定した原判決には法令の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
22085 件中 4/442 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in